血統ビーム的・傾向と対策/亀谷敬正

お気に入り

お気に入り

登録済

ハービンジャー産駒3連覇なるか

2017年01月13日(金)19時00分

注目数:69人


◆ポポカテペトルは小回り部隊?

 京成杯も「『血』は『人』が育むもの」であることを再認識させてくれる、型通りのレース。

 2年連続で勝ち馬はハービンジャー産駒。昨年、一昨年と1-3着馬はすべてノーザンファーム育成馬。なお、今年の3歳世代も芝2000mにノーザンファーム育成馬が出走した場合、75%以上の確率でいずれかの育成馬が馬券になっています。

 今年の出走予定馬でノーザンファーム育成馬はガンサリュート、バリングラ、サンティール、ベストリゾート、ポポカテペトル。

 サンティール、ベストリゾートはハービンジャー産駒。そういうことでしょうか…。

 そしてポポカテペトルはディープ産駒。今の馬場はディープにジャストフィットのイメージはありません。が、同馬の場合、兄はマウントロブソン。昨年の中山重賞スプリングSを勝った馬。同じく同配合の兄ハワイアンソルトもダート馬でしたから、パワーが要求される小回りコースを得意としているようです。

 馬主はディープを知り尽くす金子真人ホールディングス。ディープ軍団のなかでは小回り部隊として任命されている感も。

 ところで、先週の日曜最終レースは京成杯と同じ中山芝2000m。勝ったブラックバゴは父がバゴ。

 コマノインパルスはバゴ産駒。母系にロベルト。年末年始の中山芝重賞はロベルト系の血を持つ馬が好調。今の馬場に向いた血統ではあります。だから、同舞台の前走も2着に走ったわけですけれど。

【厳選・勝負予想!】亀谷敬正の重賞予想は『ウマい馬券』でチェック!
※パソコン・スマートフォンでご覧ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コラムニストプロフィール

亀谷敬正
亀谷敬正
血統馬券予想理論「血統ビーム」の提唱者。プロフィール詳細や前日予想は「亀谷敬正ホームページ」で(無料コンテンツ多数)。最新著書に「重賞ビーム2016」。