「ハロン」編集長の決断/斎藤修

お気に入り

お気に入り

登録済

連勝の勢いでワンミリオンス/TCK女王盃

2017年01月24日(火)18時00分

注目数:6人


◆ホワイトフーガは道中の折り合いに不安

 JBCレディスクラシック連覇のホワイトフーガの能力が抜けているのは間違いなく、今回は他馬より2kg以上重い58kgという斤量がどうか。同じような別定重量の条件では、昨年のスパーキングレディーCで58kgを克服済みで、むしろ不安なのは道中の折り合い。前走JBCレディスクラシックのようになんとか折り合えれば強いレースをするが、レディスプレリュードのようにスローペースになって行きたがってしまうと難しい。

 斤量差も含めて、そこに付け入るスキがあると見たのが、地方初参戦で重賞初挑戦のワンミリオンス。前走準オープンの銀嶺Sのレースぶりは、牝馬限定戦のダートグレードなら即通用するだけの能力はある。ただ不安は初距離と右回り。左回りは3戦3勝なのに対して右回りは6戦して2連対。とはいえキャリアはまだ浅く、それらもやってみなければわからないというレベル。直線の長い大井なら自慢の末脚を存分に発揮しそう。

 ホワイトフーガは道中である程度折り合えれば...
続きを読む

続きをお読みいただくには、ベーシックコース(月額250円(税別))への登録が必要です。既にご登録済みの方はこちらからログインしてください。ご登録いただきますと、スマホ版でもご覧いただけます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コラムニストプロフィール

斎藤修
斎藤修
1964年生まれ。グリーンチャンネル『地・中・海ケイバモード』解説。NAR公式サイト『ウェブハロン』、『優駿』、『週刊競馬ブック』等で記事を執筆。ドバイ、ブリーダーズC、シンガポール、香港などの国際レースにも毎年足を運ぶ。