スマートフォン版へ

“WIN5史上もっとも当てやすい回”にどう臨む!?

  • 2017年02月04日(土) 20時00分



 明日2月5日のWIN5は総出走頭数が54頭、総組み合わせ数が10万7520通り(土曜16時現在)。2011年06月19日の12万4800万通りを下回る、歴代最少の総組み合わせ数となりました。ちなみに、歴代最多は2015年05月31日の149万8176通りで、その差は約14倍。過去314回の平均も約62万5892通りで、今回の約6倍ということになります。3連単の総組み合わせ数は3連複の6倍に過ぎないわけですから、今回のWIN5も「通常とは別物」くらいに考えるべきでしょう。

 実際、総組み合わせ数が20万通り未満だったWIN5は過去に6回あったものの、キャリーオーバーがあった2014年09月14日(123万8270円)を除くと、いずれも最終的な配当は40万円未満。明日2月5日は支持が集中しそうな馬も何頭かいますし、WIN5らしい高額配当が飛び出す可能性は低そうです。総組み合わせ数がもっとも少ない、すなわち史上もっとも的中させやすい回ではありますが、利益がほとんど出ないような的中を避けるべく、買い目作りの段階で工夫を凝らさなければなりません。

 なお、今週末のJRAは2場開催。WIN5の発売締切時刻が14時30分(JRAダイレクトは14時25分)に繰り上がっておりますので、お買い逃がしのないようご注意ください。

◆サトノアーサーは素直に信頼して良さそう

 1レース目は4歳以上1600万下の早春S(東京9R)。4歳のラヴィエベールらが注目を集めると思います。

 2レース目は4歳以上1600万下、ハンデキャップ競走の山城S(京都10R)。2連勝中のナリタスターワン、4歳のファインニードルあたりが上位人気グループを形成するでしょう。

 3レース目は3歳500万下の春菜賞(東京10R)。比較の難しいメンバー構成で、ある程度は支持が割れそうです。

 4レース目は3歳GIIIのきさらぎ賞(京都11R)。土曜16時の時点ではサトノアーサーが断然の1番人気に推されていました。

 5レース目は4歳以上GIIIの東京新聞杯(東京11R)。こちらは土曜16時の時点だとエアスピネルが人気の中心で、ブラックスピネル、ヤングマンパワーの2頭が続いています。

[伊吹式WIN5ランキング 2017年02月05日版]

1位 京都11R 1.サトノアーサー
2位 東京9R 4.ラヴィエベール
3位 京都10R 11.ファインニードル
4位 東京11R 9.ロイカバード
5位 東京10R 8.アピールバイオ
【以上すべての馬を買うと1点買い】

6位 東京10R 9.ラッシュハート
7位 東京10R 6.ゴールドアピール
8位 東京11R 6.ブラックムーン
9位 東京11R 10.ヤングマンパワー
10位 京都10R 2.ウインムート
【以上すべての馬を買うと18点買い】

11位 東京9R 6.ペンタトニック
12位 京都11R 8.スズカメジャー
13位 東京10R 15.ヒストリア
14位 東京11R 7.エアスピネル
【以上すべての馬を買うと128点買い】

15位 京都10R 7.ナリタスターワン
16位 東京9R 3.バイガエシ
17位 京都11R 7.アメリカズカップ
18位 東京10R 7.ドゥモワゼル
19位 東京10R 16.レイズアベール
20位 東京11R 2.ブラックスピネル
21位 東京11R 3.マイネルアウラート
22位 京都10R 3.ヴァイサーリッター
【以上すべての馬を買うと1296点買い】

23位 京都10R 13.デンコウウノ
24位 東京9R 5.ハッピーモーメント
25位 京都11R 5.プラチナヴォイス
26位 京都11R 4.ダンビュライト
【以上すべての馬を買うと3600点買い】

 4レース目のきさらぎ賞(京都11R)は戦績の安定感を重視したい一戦。「“JRAのレース”において4着以下となった経験がある馬」は2010年以降[0-4-6-36]と勝ち切れていません。また「“新潟芝か京都芝か阪神芝のレース”において優勝経験がなかった馬」は2010年以降[0-0-0-23]ですし、「出走数が1戦だった馬」は2010年以降[0-0-0-6]、「出走数が6戦以上だった馬」も2010年以降[0-0-0-17]。こうした傾向を考えると、強調できるのはサトノアーサーだけです。

 5レース目の東京新聞杯(東京11R)はコース適性がポイント。「“東京芝1400〜1800m、かつ1000万下から上のクラスのレース”において連対経験のない馬」は2010年以降[0-1-3-32]と苦戦していました。さらに「前走の着順が10着以下だった馬」は2010年以降[0-0-0-26]。大敗を喫したばかりの馬は評価を下げるべきでしょう。一方「前走の出走頭数が15頭以上、かつ前走の単勝人気順が4番人気以内だった馬」は2010年以降[5-6-4-20]と比較的堅実。前評判こそ高くありませんが、ブラックムーン、ロイカバードあたりはマークしておくべきだと思います。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

競馬評論家。JRAの公式ホームページ内「今週の注目レース」にて“データ分析”のコーナーを、TCK(東京シティ競馬)の公式ホームページ内「分析レポート」にて重賞競走のデータ分析を担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。主な著作に『WIN5(五重勝)ほど儲かる馬券はない!! 少点数で驚愕配当をモノにする絶対的セオリー(競馬王新書)』(白夜書房)、『門外不出! 投票データから分かった! WIN5の鋭い買い方』(東邦出版)、『コース別 本当に儲かる騎手大全』ならびに『コース別 本当に儲かる血統大全』シリーズ(いずれもガイドワークス)など。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング