スマートフォン版へ

カツゲキキトキトにグレード制覇のチャンス/佐賀記念

  • 2017年02月06日(月) 18時00分


◆配当的な意味でも、今回のカツゲキキトキトは楽しみ

 中央馬相手の名古屋グランプリ3着、そして年明けの名古屋記念での完勝で充実ぶりを見せたカツゲキキトキトには千載一遇のチャンスと見る。グレード勝ち馬は連覇を狙うストロングサウザーと、近走不振のリッカルドだけというメンバーなら十分勝負になる。

 JRA-IPATで地方競馬の馬券発売が始まってから、地方馬が過剰に人気薄になることがある。近年は中央馬・地方馬の実力格差は大きくなり、地方馬は用なしというレースがほとんどなのも確かだが、地方競馬にあまり馴染みのないファンにとっては、ハナから地方馬は眼中にはなく、ひょっとすると馬券圏内はという可能性のある馬まで意外に売れてないということがある。そうした馬券の配当的な意味でも、今回のカツゲキキトキトは楽しみだ。

 このレース連覇を狙うストロングサウザーは、その後マーキュリーCも制してJpnIIIを2勝と実績最上位。とはいえ、昨年の佐賀記念は地元のキョウワカイザーが飛ばして逃げたハイペースを中団で構えて直線抜け出し、マーキュリーCは有力馬が4コーナーで馬場の軽い外へ外へと回したところ、うまく内を立ちまわってと、両レースともに展開に恵まれたところがあった。

 今年はキョウワカイザーが無理に逃げの手に出るとも思えず、そうなると逃げ馬不在となり、展開的にストロングサウザーの出番ではなさそう。前走ポルックスS・3着でオープンでもメドが立ったタムロミラクル、東海S・7着とはいえ勝ち馬からはコンマ4秒差というロンドンタウンあたりを狙ってみたい。

 リッカルドはエルムSを制したあと、秋に復帰してからは不振だが、そうした馬が地方で激走というのはたまにあるパターン。人気がないようなら馬券的にはおもしろそう。

 昨年はクリノスターオーとの先行争いでハイペースを演出したキョウワカイザーだが、最近は好位に控える競馬をしており、控えて着狙いなら上位食い込みもの可能性も。

◎カツゲキキトキト
◯タムロミラクル
▲ロンドンタウン
△ストロングサウザー
△リッカルド
△キョウワカイザー

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1964年生まれ。グリーンチャンネル『地・中・海ケイバモード』解説。NAR公式サイト『ウェブハロン』、『優駿』、『週刊競馬ブック』等で記事を執筆。ドバイ、ブリーダーズC、シンガポール、香港などの国際レースにも毎年足を運ぶ。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング