スマートフォン版へ

インカンテーション復活条件/トレセン発秘話

  • 2017年02月15日(水) 18時00分


◆ムキにならず、ゆったり走れるかどうか

 かつて“坂路の重鎮”として知られた松元省一元調教師は「機械はアテにならん」と言い放ち、坂路の自動計測装置を一切信用しなかった。

 どうやって時計を計っていたかというと、坂路モニターに映るハロン標識ごとに赤線を引っ張り、そこを目安に自分でストップウオッチを押して計測していたのだ。「頑固な人だな」と思いつつも、「表示エラー」があるたびに、省一師が妙に誇らしげな表情をしていたのが、今、思い返すとなんともかわいらしい。

 2012年に坂路の計測システムがバーコードからICチップ方式に変わり、表示エラーは格段に減ったが、それでもまれに計時不能は生じ得る。そんな時でも、大抵は登坂した“痕跡”として馬名だけはモニターに表示されるのだが、先週9日にフェブラリーSに向けた1週前追い切りを行ったインカンテーションに関しては、馬名すら表示されない不思議な現象が起きた。

 見間違い? 幽霊? いや、調教班は併せ馬で登坂したインカンテーションをハッキリと目撃している。JRAによれば「ICチップを入れる場所によっては、ごくごくまれに、こうした現象が起こり得る」そうだ。タイムが一切不明だったとなれば、実際、騎乗していた人間に感触を聞くまで、である。

「時計的には一緒に併せたキングブレイク(古馬1000万下)とほぼ同じタイム(4ハロン51.6-13.0秒)だったと思います。動き? 元気はすごくいいんですよ」とは自ら手綱を取った羽月調教師。ただし、続いた言葉は「ちょっとムキになる面がありますね。そこそこ速いラップで行ってたのに、行きっぷりが良過ぎて…」。

 前走の東海S(12着)も元気が良過ぎたために、ゲート内でバタついて出遅れ、さらには1角では他馬と接触して、まともにかかってしまったインカンテーション。フェブラリーSで“復活走”を見せるには、そうしたメンタル面の改善が必須となる。

 おそらく今度はしっかり計測されるはずの最終追い切りで、ムキにならず、ゆったり走れるかどうか。まずはそこが要チェックポイントとなる。(栗東の坂路野郎・高岡功)

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

2010年に創刊50周年を迎えた夕刊紙。競馬確定面「競馬トウスポ」(大阪スポーツは「競馬大スポ」、中京スポーツは「競馬中京スポ」)は便利な抜き取り16ページで、中身は東スポグループだからこその超充実ぶり。開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載しています。

関東・舘林勲、大阪・松浪大樹の本紙予想のほか、記者による好評コラム(「一撃・山河浩、馬匠・渡辺薫など)、そして競馬評論家・井崎脩五郎、爆笑問題の田中裕二、IK血統研など超豪華執筆陣の記事も読みごたえたっぷり。馬券作戦に役立つ情報が満載です。

関連サイト:競馬トウスポWeb

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング