スマートフォン版へ

中央卒業生たちの近況・予定

  • 2017年02月20日(月) 18時00分


ユーロビート、重賞4勝目


 先日行われた重賞・金盃(大井・2600m)で、吉原寛人騎手がエスコートをした2番人気ユーロビート(大井・渡邉和雄厩舎)が完勝し、4つ目のタイトルを奪取しました。

金盃優勝後のユーロビートの肩掛け姿。雄大な体つきです


 ユーロビートは美浦の高柳瑞樹厩舎に所属し、長距離戦で4勝を挙げ、準オープンで走ってきました。父はスズカマンボ、母がメジロブルネット、祖母はメジロアムールという血統で、メジロ牧場さん生産です。

 3年前の夏から南関東の一員となり、渡邉厩舎の外厩馬として茨城県のミッドウェイファームでトレーニングを積んでいます。

 小回りコースは陣営も首をかしげるような残念な結果になることもあるのですが、広いコースでは高いレベルで安定していて、追ってバテない長くいい脚を使えることがこの馬の魅力。2年前のマーキュリーカップを優勝しています。

 金盃も、雄大な545キロの体をしっかり使ってゆったり歩き、パドックの段階から好調さをアピール。

 レースも中団から押し上げて3番手をつけていき、直線で早め先頭に立つ内容で、力の違いを見せつけました。

金盃のゴールシーン


「ユーロビートの大得意なコースだったので、しっかり走ってくれてホッとしましたね。 自分のリズムでさえ走れれば、最後に脚は使ってくれると思いました」(吉原騎手)

 この後は昨年3着だったダートグレードレースのダイオライト記念(船橋・2400m)を視野に入れていくそうです。

レース後には好物のレタスを、シャキシャキと音を立てて美味しそうに頬張っていました。ユーロビートの至福のひととき


 ちなみに、金沢の吉原騎手は中央競馬ファンにもお馴染みだと思いますが、地方通算2000勝まであと2勝に迫っています(2月20日夕方現在)。南関東競馬は20日から24日まで浦和競馬開催中です。吉原騎手は3月3日までは南関東の期間限定騎乗中なので、メモリアルがどのタイミングで達成されるのかも注目が集まっています。

 なお、美浦の小西一男厩舎に所属していたオリオンザジャパン(大井・的場直之厩舎)がこの金盃から初登場。中央時代の成績との比較で1番人気に推されていたほど期待は高かったんですが、7着に終わりました。終始外を回る形になり、中団から伸びきれず。

「調教から集中力を欠いているようなところがあるので、もっと短いほうがいいのかもしれません。地方のペースの慣れや、今日のようなかなりパサパサした馬場より湿ったほうがよさそうです。力はあるのでもっと走れると思うのですが」とコンビを組んだ笹川翼騎手。

 移籍後は大井競馬場で調教を積んできたとは言え、レースは初物尽くし。この経験が次以降に生きますように!

オリオンザジャパンの巻き返しも期待します


中央卒業生たちの予定


 セイスコーピオン(栗東・服部利之厩舎→川崎・八木正喜厩舎)は、ササ針放牧休養中。

 トキノエクセレント(美浦・矢野照正厩舎→川崎・八木正喜厩舎)は地方競馬の総大将ソルテが出走表明をしている重賞・フジノウェーブ記念(大井・1400m)へ。

 重賞・報知グランプリカップで1番人気ながらも11着に大敗したタイムズアロー(栗東・松田博資厩舎→船橋・川島正一厩舎)は、レース中に脚をぶつけたことで、引き返してきた時には歩様も乱れていたそうですが、時間が経つにつれ正常に戻ったそうなので不幸中の幸いでした。フジノウェーブ記念を目指していくそうです。

 報知グランプリカップを競走除外となったイッシンドウタイ(北海道・米川昇厩舎→美浦・伊藤圭三厩舎→川崎・内田勝義厩舎)は左後肢ハ行でした。現在はトレーニングを開始していて、ダイオライト記念を目指す予定。

 金盃3着だったクラージュドール(栗東・池江泰寿厩舎→船橋・川島正一厩舎)もダイオライト記念へ。

 予定は変更する場合もありますのでご了承ください。

 次回は3月6日(月)にお会いしましょう!

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

南関東競馬リポーター。宮城県仙台市出身。元NHK山形放送局キャスター。タイキフォーチュンがきっかけで競馬の世界を知り魅了され、競馬を伝える仕事に就きたく上京。MXテレビ大井競馬中継を経て、現在は南関東競馬内で取材活動を行っている。南関東競馬公式ウェブサイト内・南関魂、大井競馬ホームページ、サンケイスポーツ、楽天、ウェブハロン、ターファイトクラブ会報誌、馬事通信など。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング