GIドキュメント/netkeiba特派員

お気に入り

お気に入り

登録済

【3歳馬・丹下番付】牝馬は豊作! ハイレベルな戦いの「横綱」は!?

2017年02月27日(月)18時00分

注目数:19人

阪神JFは近年でも最上位の内容



牝馬番付


 改めて前年の阪神JFの記録をひも解くと、1000m通過・58秒8―1400m通過・1分21秒8という澱みのない平均ラップ。そして、ソウルスターリングは器用にインを捌いて1分34秒0という勝ち時計だった。
ソウルスターリング

▼フランケル産駒として世界第一号のGIウィナーに



 全体時計も含め、近年では最上位に近い質の高い一戦だったが、2着のリスグラシューは、出遅れと大外枠の不利。初勝利のタイムは、阪神1800m・1分46秒2という2歳コースレコードを記録。チューリップも桜花賞も、どちらに軍配が上がるかはまだわからない。
リスグラシュー

▼アルテミスSでは、迫るフローレスマジックを抜かせない勝負根性も披露



 なんて、チューリップ賞を二週前にした、2頭の圧巻の追い切りひとつを見ても、東西の横綱の能力の高さをヒシヒシ感じたりもするが、その両頭に...
続きを読む

続きをお読みいただくには、ベーシックコース(月額250円(税別))への登録が必要です。既にご登録済みの方はこちらからログインしてください。ご登録いただきますと、スマホ版でもご覧いただけます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コラムニストプロフィール

netkeiba特派員
netkeiba特派員
有名予想家・ライターによるGIスペシャルコラムや、有力馬密着レポート、1週前からの調教レポートなど、GIレースの攻略情報をどこよりも詳しく、より濃密にお届けします。公開はプレミアムサービス限定となります。