with 佑/藤岡佑介

【M.デムーロ×藤岡佑介】第4回『引退後は日本で調教師になりたい!』

2017年03月01日(水)18時01分

注目数:105人
with 佑

▲4週連続重賞勝利で、2月はGI含む重賞5勝! M.デムーロ騎手編の最終回(撮影:下野雄規ほか)


先週末はアーリントンC(ペルシアンナイト)、中山記念(ネオリアリズム)と2日連続重賞勝利。2月だけでGI含む重賞5勝、この勢いは止まりません。そんなデムーロ騎手との対談も今回が最終回。ルメール騎手とのプライベートな関係や、京都の街でファンに囲まれたエピソードなどを公開します!(取材・構成:不破由妃子)

※撮影協力:京都センチュリーホテル 「メインダイニング カサネ」


(前回のつづき)

お互いに目指すは調教師


佑介 以前、クリストフにもゲストで来てもらって、そのときも聞いたんだけど、ミルコは引退後のこととか考えてる?

ミルコ できればだけど…、日本で調教師になりたい!

佑介 えっ! そうなの!? ミルコが日本で調教師になったら、それは本当にすごいことだよ。

ミルコ 去年は幸四郎とタナパク(田中博康)が合格したし、一緒に乗ったことのある須貝さんも中舘さんも調教師として活躍してるもんね。でも、体が動く限りはジョッキーを続けたいと思ってるよ。佑介はいつまで乗るとか考えてるの?

佑介 ん〜、あと10年くらいかな。

ミルコ 10年? それだけ!? 佑介、10年なんてアッという間だよ。でも、佑介は間違いなく調教師として成功すると思う。今、若い調教師がどんどん増えてるしね。

佑介 調教師になった際には、藤岡佑厩舎をよろしくお願いします(笑)。

ミルコ こちらこそ! 調教にも乗るよ。

佑介 調教は……(苦笑)。

ミルコ さっき佑介に「アシスタントにはできない」って言われたけど...
続きを読む

続きをお読みいただくには、ベーシックコース(月額250円(税別))への登録が必要です。既にご登録済みの方はこちらからログインしてください。ご登録いただきますと、スマホ版でもご覧いただけます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「with 佑」とは

JRAジョッキーの藤岡佑介騎手がホスト役となり、騎手仲間や調教師、厩舎スタッフなど、ホースマンの本音に斬り込む対談企画。関係者からの人望も厚い佑介騎手が、毎月ゲストの素顔や新たな一面をグイグイ引き出し、“ここでしか読めない”深い競馬トークを繰り広げます。

コラムニストプロフィール

藤岡佑介
藤岡佑介
1986年3月17日、滋賀県生まれ。父・健一はJRAの調教師、弟・康太もJRAジョッキーという競馬一家。2004年にデビュー。同期は川田将雅、吉田隼人、津村明秀ら。同年に35勝を挙げJRA賞最多勝利新人騎手を獲得。2005年、アズマサンダースで京都牝馬Sを勝利し重賞初制覇。2013年の長期フランス遠征で、海外初勝利を挙げた。

藤岡佑介『with 佑』バックナンバー