スマートフォン版へ

今週の「消し勝負」はダイワキャグニー/弥生賞

  • 2017年03月03日(金) 18時00分


◆弥生賞が大波乱になるってケースは考えづらいけどね

須田 先週の中山記念は、残したロゴタイプとネオリアリズムで決まるか……と思ったところを、人気薄のサクラアンプルールにサクッと間を割られてしまいましたねえ。

井崎 正直、まったくのノーマークだった(笑)。アンビシャスやヌーヴォレコルトの「消し」も正解だったのに黒星とは、どうも最近はツキに恵まれないなあ。

須田 そういうノーマークの馬が上位に1頭くらい食い込んでくるのが、競馬というモノではありますが。というわけで井崎センセイ、これで現在4連敗中ですよ?

井崎 そうなんだよ。それだけに、自信があった先週でキッチリ決めておきたかったんだけど……まあ、今週の弥生賞で何とかするしかないよな。なんか難しそうだけどさ!

須田 例年に比べて小粒なメンバーというか、牡馬クラシック戦線が混戦模様ですからね。かなりレベルが高そうな牝馬と比較すると、ひと紛れあっておかしくない気がします。

井崎 でもまあ、さすがに弥生賞が大波乱になるってケースは考えづらいけどね。12頭と少頭数になったのもあるし、ソコソコ順当に決まる……とは思うんだけどなあ。

須田 実際、今週の「残った馬」のラインナップもかなり堅めですよね。ただ、2戦2勝のダイワキャグニーが消去されてるのが、ものすごく気がかりなんですが……。

井崎 確かにあの馬、もしかしたらものすごく強いかもしれないよな。ただ、前走が条件戦という時点で、弥生賞ではかなり買いづらい。たま〜にしか来ないパターンだろ?

須田 前走で500万下を勝っている馬は[1-0-0-18]で、2013年にカミノタサハラが制していますね。分が悪いのは事実ですが、今年のメンバーなら通用してしまいそうな。

井崎 でも、ダイワキャグニーまで残して6頭で勝負となると、トリガミの可能性がメチャクチャ高くなっちゃうからねえ。それこそ、儲かる気がまるでしない(笑)。

須田 いやいや、この5頭でもけっこう危なっかしいですよ(笑)。人気が割れて、上位人気の組み合わせでも意外に配当がつく可能性もありますが……どうですかねえ。

☆03番グローブシアター
☆04番ダンビュライト
☆05番サトノマックス
☆07番コマノインパルス
☆11番カデナ

・前走、JRA重賞以外に4番人気以下で出走していた馬
※過去10年[0-0-0-27]
●2016年該当馬→エディクト(6着)、イマジンザット(7着)、モーゼス(8着)、シャララ(10着)
○2017年該当馬→ベストアプローチ、キャッスルクラウン、スマートエレメンツ、ダイワキャグニー

・馬番7〜16番に入った、前走2着以下馬
※過去10年[0-1-0-32]
●2016年該当馬→エディクト(6着)、イマジンザット(7着)、モーゼス(8着)
○2017年該当馬→スマートエレメンツ、ディアシューター

・前走東京組をのぞく、前走新馬〜500万下出走馬
※過去10年[0-2-0-27]
●2016年該当馬→タイセイサミット(4着)、イマジンザット(7着)、ケンホファヴァルト(11着)、ヴィガーエッジ(12着)
○2017年該当馬→テーオーフォルテ、マイスタイル

2016年残った馬→マカヒキ、リオンディーズ、エアスピネル、アドマイヤエイカン、モウカッテル

【2016年結果】
1着:マカヒキ(○)
2着:リオンディーズ(○)
3着:エアスピネル(○)

2017年上半期[星取り表]:○●△●△●●●●

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1975年から新聞、雑誌などにユニークな競馬エッセイを発表。1983年からフジテレビの競馬中継にレギュラー解説者しても活躍中。須田鷹雄との掛け合いによって誕生した消去法は、もはや伝説の馬券術。巷では「1年遅れのバカ当たり」とも称される!?

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング