血統ビーム的・傾向と対策/亀谷敬正

お気に入り

お気に入り

登録済

週末のディープインパクト産駒の取捨

2017年03月03日(金)19時00分

注目数:55人


◆阪神芝1800mはやや馬力が要求されるコース

 今週末は阪神芝1800mが3鞍行われます。

 特注種牡馬はキングカメハメハとブラックタイド。いずれもディープインパクト産駒に比べるとパワー、馬力勝負に強く、根幹距離(クラシック使用距離)の1600、2000mよりは1800mの方が走るタイプを出す種牡馬。阪神芝1800mはやや馬力が要求されやすいコース。加えて非根幹距離ですから、キングカメハメハ、ブラックタイドにフィットします。

 キングカメハメハ産駒は阪神芝1800mの場合、特別戦に特に強く、複勝率は40%。複勝回収率は219%(2014年以降)。

 ブラックタイドは、ディープインパクトと同配合の兄ですが、当コースに関してはディープ産駒以上と言ってもいいぐらいの適性を見せる種牡馬。2014年以降の複勝回収率は176%。こちらも特別戦の方がさらに成績が良く、複勝率は35%。

 ディープインパクト産駒も、勝ち星数は同コースの25%近くを占めるように、もちろん走ります。ディープインパクト産駒は、当コースでは外を回してスピード型の末脚が決まる馬場状態が特に得意。

 過去の大阪城Sでもディープ産駒は9頭出走していますが、5-8枠の外枠を引いた馬は4頭すべてが馬券に。4枠は2頭出走して1頭が馬券に。1、2枠は3頭出走して1頭も馬券にならず。

 今年の大阪城Sはキングカメハメハ産駒がデウスウルト、マキシマムドパリ。ブラックタイド産駒はアスカビレン。ディープ産駒(ガリバルディ、ケイティープライド、フェルメッツァ)は外枠の方を重視のスタンスでどうでしょう。

 ところ変わって。先週の中山芝は、ディープインパクト産駒の1、2人気は4頭すべて馬券圏外に。それにしても、中山記念で1、2人気のディープ産駒が共倒れとは…。前走3コーナー5番手以下の3人気以下も9頭すべて馬券圏外。末脚のスピードを発揮しづらい馬場でした。

 もちろん、馬場は毎日変わります。特に今週は、週中に雨が降ったので、先週よりも馬群が詰まって、直線伸びる馬場に変わる可能性も。弥生賞を検討する際には「土曜日のディープインパクト産駒をはじめとするサンデー系の差し馬」の結果は参考になりそうです。

【厳選・勝負予想!】亀谷敬正の重賞予想は『ウマい馬券』でチェック!
※パソコン・スマートフォンでご覧ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コラムニストプロフィール

亀谷敬正
亀谷敬正
血統馬券予想理論「血統ビーム」の提唱者。プロフィール詳細や前日予想は「亀谷敬正ホームページ」で(無料コンテンツ多数)。最新著書に「重賞ビーム2017」。

亀谷敬正『血統ビーム的・傾向と対策』バックナンバー