祐言実行/福永祐一

【ユーザー質問】祐言実行Q&A『芝・ダートの適性はどのように見分けているの?』

2017年03月07日(火)18時01分

注目数:98人
祐言実行

▲先週の弥生賞をカデナで勝利、復帰週での重賞勝利は次回以降のコラムで振り返ります(撮影:下野雄規)


トップトレーナーほどジョッキーの提案を受け入れてくれる


Q. 福永騎手は、次走を見据えた芝・ダートの進言が高い確率で合っているように思います。適性の見分け方はどのようにされているのでしょうか?

 芝・ダート適性は、走法や血統、骨格、気性のほか、騎乗した際に伝わってくる感触で判断する。調教や返し馬で感じる感覚的なものだが、その感覚を具体的な言葉で表現するのは難しく、これはもう経験則でしかない。

 返し馬を見ているとわかると思うが、ダート戦の返し馬でも、待機所までに芝を通る。そのときに芝適性を感じる馬であれば、あえて芝でのフットワークを確認してみたり、芝のレースでも帰りはダートを走るから、馬によってはその適性の有無に感覚を傾けることもある。

 レース後、そこで感じたことは、すべて調教師に伝えるようにしている。自分に騎乗依頼をもらったということは、そういうことも含めて求められていると思うので、芝・ダート適性に限らず、距離適性や馬具の着脱など、提案をさせてもらう機会は多い。とはいえ、「こうしたらもっとよくなるかもしれませんね」というあくまで提案であって、断定することはない。...
続きを読む

続きをお読みいただくには、ベーシックコース(月額250円(税別))への登録が必要です。既にご登録済みの方はこちらからログインしてください。ご登録いただきますと、スマホ版でもご覧いただけます。

質問募集

● 福永祐一 / 祐言実行

このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。
あなたからコラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。

質問フォームへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
祐言実行とは

2013年、念願のJRA賞最多勝利騎手に輝き、いまや押しも押されもせぬトップジョッキーのひとりとして、日本競馬界を牽引する福永祐一。“福永洋一の息子”として、長年プレッシャーと戦いながら、ときに挫折を味わいつつも、決して自分自身と向き合うことを恐れなかった。まだまだ戦の途中ではあるが、有言実行を体現してきた彼には語り継ぐべきことがある。ジョッキー目線で語るレース回顧『ユーイチの眼』や最新の『喜怒哀楽』、さらには福永祐一のルーツに迫る『祐一History』など、盛りだくさんの内容でお届けするコラム。彼のバイタリティーのすべてがここに。

コラムニストプロフィール

福永祐一
福永祐一
1976年12月9日、滋賀県生まれ。1996年に北橋修二厩舎からデビュー。初日に2連勝を飾り、JRA賞最多勝利新人騎手に輝く。1999年、プリモディーネの桜花賞でGI初勝利。2005年、シーザリオで日米オークス優勝。2013年、JRA賞最多勝利騎手、最多賞金獲得騎手、初代MVJを獲得。2014年のドバイDFをジャスタウェイで優勝。