with 佑/藤岡佑介

【北村友一×藤岡佑介】第2回『実はかなりの職人気質 レース中は“マイワールド”』

2017年03月15日(水)18時01分

注目数:40人
with 佑

▲実はかなりの職人気質、北村騎手のこだわりが明らかに


今回のテーマは『騎乗論』。実はかなりの職人気質という北村騎手。中でも、鐙と手綱の長さには並々ならぬこだわりがあると言います。先輩である佑介騎手も一目置くほど、馬乗りを突き詰めていく北村騎手の姿勢。それは武器である一方、弱点になる場合もあると言います。「人気馬の乗り方」「GIに勝つためには」―日々悩みながら黙々と上を目指す、北村騎手の本音に迫ります。(取材・構成:不破由妃子)


(前回のつづき)

返し馬で、手綱を離してバランスを確認することも


佑介 友一はもともと関節がすごく柔らかくて、馬に乗るのがめっちゃ上手。俺は友一のそんな騎乗スタイルが好きで、最初は一方的に興味を持った。それがさっき話したサンライズプリンスあたりから、より職人色が増してきて。明確な目的意識を持って取り組んでいるのがわかるから、友一と話していると勉強になることがたくさんあるよ。

北村 どうやったら馬の動きを邪魔せずに乗れるのか、どこでバランスを取るのが一番いいのか、どこで衝撃を吸収したらいいのかなど、すごく考えるようになりましたね。

佑介 基本的に鐙(アブミ)はずっと短めだけど、手綱はだいぶ長く持つようになったよな。今となっては、友一ほど鐙が短くて手綱が長いジョッキーはなかなかいないよ。鐙が短いということは、それだけ馬との接地面が少ないわけで、そんな不安定ななかで口も自由にさせているっていう。

北村 ミルコがゴールした後によくパッと手を離すじゃないですか。僕が思うのは、1、2コーナーや向正面でもああやって手を離せるバランスで乗りたいなっていうこと。口をいじらずに、鐙だけでバランスを取れるところで乗るのが一番……いや、それが正解かどうかはわかりませんが、それが馬にとって一番負担が少ないんじゃないかと思って。だから、返し馬でもたまに手綱を離して、バランスを確認したりしています。

佑介 確かに馬にとってストレスはないだろうけど、ものすごく難しいことを目指してるよね(苦笑)。俺は逆に、馬とはちゃんとコンタクトを取って乗りたいタイプ。手綱を離して歩かせるだけでも怖いよ。友一は常歩で馬場に入っていくときも、手綱を長くして絶対に口に触らないもんね。

北村 そうですね。藤岡先輩も含めて、みなさん返し馬でコンタクトを取りながら反応や雰囲気を探っていくと思うんですけど、僕はノーコンタクトの状態で馬の反応を見ていくんです。それで、ああしよう、こうしようと考える。...
続きを読む

続きをお読みいただくには、ベーシックコース(月額250円(税別))への登録が必要です。既にご登録済みの方はこちらからログインしてください。ご登録いただきますと、スマホ版でもご覧いただけます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「with 佑」とは

JRAジョッキーの藤岡佑介騎手がホスト役となり、騎手仲間や調教師、厩舎スタッフなど、ホースマンの本音に斬り込む対談企画。関係者からの人望も厚い佑介騎手が、毎月ゲストの素顔や新たな一面をグイグイ引き出し、“ここでしか読めない”深い競馬トークを繰り広げます。

コラムニストプロフィール

藤岡佑介
藤岡佑介
1986年3月17日、滋賀県生まれ。父・健一はJRAの調教師、弟・康太もJRAジョッキーという競馬一家。2004年にデビュー。同期は川田将雅、吉田隼人、津村明秀ら。同年に35勝を挙げJRA賞最多勝利新人騎手を獲得。2005年、アズマサンダースで京都牝馬Sを勝利し重賞初制覇。2013年の長期フランス遠征で、海外初勝利を挙げた。