スマートフォン版へ

過去10年の1番人気馬がすべて馬券に絡んでいるスプリングS

  • 2017年03月17日(金) 18時00分


◆サトノアレスで間違いなしと考えてしまうところだが…

 スプリングSは過去10年の1番人気馬が[4-3-3-0]とすべて馬券に絡んでいるレース。そうなると朝日杯馬サトノアレスで間違いなし…と考えてしまうところだが、これまた過去を振り返ると「朝日杯馬の次走」というのは馬券的に良い選択肢ではない。成績が悪いというのではなく、人気が先行しすぎな面がある。

 サトノアレスの場合、朝日杯の末脚が素晴らしかっただけに阪神外回り→中山内回りで、しかもコーナーが4つになるというのはプラス材料ではない。もちろん能力は高いし、この頭数ならば差すコースが無いということないと思うのだが、2,3着止まりという馬券を買ってみたいような気もする。

 ではアタマ付けまでする馬をどこから取るか。展開は水モノだしこの頭数ということも考えなくてはならないが、弥生賞がスローからの上がり勝負だっただけに、こちらは道中流れてほしい。そうすると皐月賞ではスプリングS組を買いやすくなる。

 強調して買う馬候補の1頭に考えているのがプラチナヴォイス。ここ2走がさえないが、前走は特殊な道悪、前々走は道中がっつり緩んで上がりだけの競馬。勝った萩Sも中ゆるみはしているのだが、そこからさらにラップが平坦になったらもっと良さが出る……というのはシナリオとしては想定可能だ。

 もう1頭はアウトライアーズ。まだ500万条件だが戦ってきたメンバーは結構強いし、プラチナヴォイスと同様、血統の字面からは持続力勝負がベターなのではという印象がする。試金石となる一戦ではあるが、楽しみのほうが大きい。

 トリコロールブルーは素質の高そうな馬だが、速い流れを全く経験していないところへ距離短縮という条件を克服できるか。どうも人気になりそうなので、個人的には△くらいで様子を見ようかと思っている。

 モンドキャンノはやはり距離が気になる。前走脚が溜まったことと距離不安があることから今回も控えての競馬だろうが、スプリングSは逃げ先行系の活躍が多いので、その点も問題だ。

 ウインブライトは近走の充実ぶりが目立つ。持続力勝負になっても対応できるだろうが、こちらも差しに回るであろう脚質が問題。

 侮ってはいけないのがエトルディーニュ。派手さはないが、毎回好位にいて毎回上位に食い込む、という存在になるかもしれない。もちろん単勝は買いづらいが、連勝系の馬券には必要な存在だ。

【予想】須田鷹雄の勝負予想は『ウマい馬券』でチェック!
※PC・スマートフォンよりご覧ください。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1970年東京生まれ。競馬評論家、ギャンブル評論家。中学生時代にミスターシービーをきっかけとして競馬に興味を持ち、1990年・大学在学中に「競馬ダントツ読本」(宝島社)でライターとしてデビュー。以来、競馬やギャンブルに関する著述を各種媒体で行うほか、テレビ・ラジオ・イベントの構成・出演も手掛ける。競馬予想に期待値という概念を持ち込み回収率こそが大切という考え方を早くより提唱したほか、ペーバーオーナーゲーム(POG)の専門書をはじめて執筆・プロデュースし、ブームの先駆けとなった。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング