with 佑/藤岡佑介

【北村友一×藤岡佑介】第4回『今年要注目!北村騎手はネクストブレイクジョッキー』

2017年03月29日(水)18時01分

注目数:50人
with 佑

▲「友一は間違いなくネクストブレイクジョッキー!」、佑介騎手がそう断言する理由とは?


北村騎手30歳、佑介騎手31歳。精神的にも肉体的にも充実し、ジョッキーとして最も脂の乗った世代と言えます。世界のトップ騎手の参戦で、日本競馬の勢力図は厳しさを増してはいますが、「勝つこと」への貪欲さは薄れず。自身の現状、悲願のGIへの思い…ふたりの心の叫びをお聞きください!(取材・構成:不破由妃子)

(前回のつづき)

「いつか絶対にそっち側に行ってやる!」


佑介 友一は今、紆余曲折を経て、すべてのバランスが噛み合ってきたように見えるけど、今後もっとこうしたい、こうなりたいという目標はある?

北村 最近思うのは、競馬のなかでもっと周りを利用して、わがままになってもいいのかなって。もっと自己主張をしていきたいと本当に思っています。こだわりが強すぎるあまり、馬のリズムやバランスを大切にしすぎて後手に回ってしまったり、勝負どころで流れに乗り遅れてしまったり。その辺りが僕の弱点だと思うので。

佑介 うん。ちょっとバタバタしてカッコ悪い勝ち方になったとしても、たぶんそれでいいんだと思う。俺も勝ち方にこだわったり、馬を自分の型にハメようとして、結局、チャンスを逃してしまったから。多少不細工な競馬であろうがなんだろうが、自分の確固たるスタイルができたんやったら、それでいいと思う。

with 佑

▲「俺も馬を自分の型にハメようとして、結局、チャンスを逃してしまった」


北村 基礎ができたからこそ、もうひとつ上の“勝つための競馬”を、ということですよね。難しいことは置いといて、単純に勝ちたいです、もっと。

佑介 俺もそう思うし、その気持ちが一番大事。友一は「もっとわがままに」って自分で言ってるけど、“勝ち”に対して体が動けば、それが馬に伝わって、勝手にわがままなレースになっていくと思う。

北村 そうですよね。だからこそ...
続きを読む

続きをお読みいただくには、ベーシックコース(月額250円(税別))への登録が必要です。既にご登録済みの方はこちらからログインしてください。ご登録いただきますと、スマホ版でもご覧いただけます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「with 佑」とは

JRAジョッキーの藤岡佑介騎手がホスト役となり、騎手仲間や調教師、厩舎スタッフなど、ホースマンの本音に斬り込む対談企画。関係者からの人望も厚い佑介騎手が、毎月ゲストの素顔や新たな一面をグイグイ引き出し、“ここでしか読めない”深い競馬トークを繰り広げます。

コラムニストプロフィール

藤岡佑介
藤岡佑介
1986年3月17日、滋賀県生まれ。父・健一はJRAの調教師、弟・康太もJRAジョッキーという競馬一家。2004年にデビュー。同期は川田将雅、吉田隼人、津村明秀ら。同年に35勝を挙げJRA賞最多勝利新人騎手を獲得。2005年、アズマサンダースで京都牝馬Sを勝利し重賞初制覇。2013年の長期フランス遠征で、海外初勝利を挙げた。