祐言実行/福永祐一

お気に入り

お気に入り

登録済

【ユーイチの眼】大阪杯&ドバイ回顧『キタサンブラックの盤石といえるレースぶり』

2017年04月04日(火)18時01分

注目数:107人


付け入る隙があるなら休み明けの今回か…と


 GIとなった大阪杯は、キタサンブラックの完勝に終わった。有馬記念以来の実戦であり、付け入る隙があるとすれば休み明けの今回か…とも思っていたが、パドックでキタサンを見た瞬間、きっちりと仕上がっているのを感じた。

 マルターズアポジーがまずまずのペースを演出したが、離れた2番手以降は平均ペース。キタサンは単独3番手を追走し、直線は早め先頭から悠々と押し切った。まさに盤石といえるレースぶりで、終わってみればいつも以上に隙がなかった。

祐言実行

▲“GI・大阪杯”の初代勝者となったキタサンブラック (C)netkeiba


祐言実行

▲主戦の武豊騎手と握手を交わす北島三郎オーナー (C)netkeiba


 スローなら自ら行けるし、行く馬がいれば控えることもできる。これは競走馬として何よりの強味で、もう負けることはないんじゃないかと思わせるほどのパフォーマンスだったように思う。競走馬として高い能力を持っているのはもちろん、ペースに左右されない乗りやすさこそが、毎回崩れることなく好走できる最大の要因だろう。これは、あの馬の性質を見抜き、毎回力を発揮できるように馬を作ってきた関係者たちの尽力の賜物だ。

 そこに実戦で加わるのが、豊さんの滑らかなエスコート。長手綱でゆったり走らせる豊さんのエスコートは、キタサンのようなストライドの大きな馬にはぴったりだ。馬の強さもさることながら、騎手と馬とのマッチングの見事さも改めて感じられた。

 2着ステファノスの(川田)将雅も、キタサンの後ろを絶対に取りに行くという明確な意志を持った好騎乗。自分はその後ろ、結果的にモンドインテロ(内田博幸騎手騎乗)の位置を、可能であれば馬なりで取りたかった。

 アンビシャスは、スタートこそ悪くなかったものの、自らスピードに乗っていくような気配はなく、結果的に後方の位置取りに。促がして主張することもできたが、これまでのレースぶりから、促したレースでは途中で必要以上にハミを取り、体力をロスして末を失う可能性があることがわかっていたので、アンビシャスのリズムに従って後方に構えることを選択した。...
続きを読む

続きをお読みいただくには、ベーシックコース(月額250円(税別))への登録が必要です。既にご登録済みの方はこちらからログインしてください。ご登録いただきますと、スマホ版でもご覧いただけます。

質問募集

● 福永祐一 / 祐言実行

このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。
あなたからコラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。

質問フォームへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
祐言実行とは

2013年、念願のJRA賞最多勝利騎手に輝き、いまや押しも押されもせぬトップジョッキーのひとりとして、日本競馬界を牽引する福永祐一。“福永洋一の息子”として、長年プレッシャーと戦いながら、ときに挫折を味わいつつも、決して自分自身と向き合うことを恐れなかった。まだまだ戦の途中ではあるが、有言実行を体現してきた彼には語り継ぐべきことがある。ジョッキー目線で語るレース回顧『ユーイチの眼』や最新の『喜怒哀楽』、さらには福永祐一のルーツに迫る『祐一History』など、盛りだくさんの内容でお届けするコラム。彼のバイタリティーのすべてがここに。

コラムニストプロフィール

福永祐一
福永祐一
1976年12月9日、滋賀県生まれ。1996年に北橋修二厩舎からデビュー。初日に2連勝を飾り、JRA賞最多勝利新人騎手に輝く。1999年、プリモディーネの桜花賞でGI初勝利。2005年、シーザリオで日米オークス優勝。2013年、JRA賞最多勝利騎手、最多賞金獲得騎手、初代MVJを獲得。2014年のドバイDFをジャスタウェイで優勝。

福永祐一『祐言実行』バックナンバー