スマートフォン版へ

混戦模様の皐月賞

  • 2017年04月14日(金) 18時00分


◆優勝のチャンスはある馬がけっこういる

 混戦模様の皐月賞。金曜発売のはじまりではファンディーナが売れているが、これは賭けというよりも人気のあらわれかもしれない。混戦であることは間違いないし、優勝のチャンスはある馬がけっこういる。

 そのファンディーナだが、とにかく前例のない話なので評価が難しい。ウオッカのダービーもあれば、ダンスパートナーの菊花賞もある。ただ賭けの観点からは、弱い相手に圧勝してくると人気が過剰になる傾向にあるので、オッズそのものの魅力は生まれないのではと見る。△でお茶を濁したい。

 カデナは弥生賞のときに本命にした馬だし、スローからの上がり勝負だと、同タイプの有力馬が今年は少ないので有利。ただ、皐月賞は基本的に道中が流れる傾向にある。展開が違っても前走と同じようなパフォーマンスを発揮できるのかどうか。

 スワーヴリチャードはこのレースと相性の良い共同通信杯の勝ち馬。馬自身のスケール感もあるし、勝つ資格は十分。問題は中山向きの器用さがあるかどうかで、今回内枠を引いたこともその課題を強調してきている。

 ウインブライトは距離延長で初距離という点が課題。しかし、スプリングSは道中緩むところがなく、「皐月賞らしい皐月賞」になったときには生きてきそうなステップレースだった。2着のアウトライアーズともども今回それほど人気にはならないと思うので、狙ってみたい馬たちだ。

 レイデオロは調教の内容が疑問視されているが、本当に心配すべきはホープフルSのメンバーレベルかと思う。マイネルスフェーンが京成杯3着したくらいで、他の上位馬は500万条件も勝てない馬が何頭か。当時完勝ではあったのでレイデオロだけが強いという可能性はあるが、強気に買うのは難しい。

 なにかあるとしたらアルアインペルシアンナイトのような、前走でトライアル以外の重賞を勝っている馬。アルアインのほうは当初マイルにこだわっているのが意外でもあったので、2000m適性を見てみたい。

【予想】須田鷹雄の勝負予想は『ウマい馬券』でチェック!
※PC・スマートフォンよりご覧ください。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1970年東京生まれ。競馬評論家、ギャンブル評論家。中学生時代にミスターシービーをきっかけとして競馬に興味を持ち、1990年・大学在学中に「競馬ダントツ読本」(宝島社)でライターとしてデビュー。以来、競馬やギャンブルに関する著述を各種媒体で行うほか、テレビ・ラジオ・イベントの構成・出演も手掛ける。競馬予想に期待値という概念を持ち込み回収率こそが大切という考え方を早くより提唱したほか、ペーバーオーナーゲーム(POG)の専門書をはじめて執筆・プロデュースし、ブームの先駆けとなった。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング