祐言実行/福永祐一

お気に入り

お気に入り

登録済

【今月の喜怒哀楽】天皇賞(春)展望『対サトノダイヤモンド “3200m”に逆転の目』

2017年04月25日(火)18時01分

注目数:124人
祐言実行

▲キタサンブラック、サトノダイヤモンドを相手に、シュヴァルグランとどんな戦いを挑むのか


※皐月賞の回顧は次週の5月2日にお届けする予定です。

キタサンブラック 厩舎の鍛え方がすごい


 昨年に続き、シュヴァルグランとのコンビで挑む天皇賞(春)。2週前に時計にならないところを乗ったが、相変わらずキビキビとした動きで、手綱を通して順調な過程が伝わってきた。

 前走の阪神大賞典は2着。初めての3000mだった昨年は適性を探りながらの一戦で、結果的に終いを生かす形で強い競馬をしてくれたが、今年は長距離適性が明確になったなかでのステップレースであり、何より相手はサトノダイヤモンド。「サトノを相手にどういうレースができるか、なおかつ本番にどう繋げていけるか」。同じレースとはいえ、昨年とはまったくテーマの異なる一戦となった。

 思いのほか出入りの激しいレースとなり、その余波で多少行きたがる場面もあったが、自分としてはあくまで許容範囲内。2周目の向正面で、斜め後ろにいたサトノがジワッとポジションを上げてきたところで、少し早いかなと思いつつも、こちらも進出を開始。もともとサトノより先に仕掛けようという腹づもりでいたので、そこに迷いはなかった。...
続きを読む

続きをお読みいただくには、ベーシックコース(月額250円(税別))への登録が必要です。既にご登録済みの方はこちらからログインしてください。ご登録いただきますと、スマホ版でもご覧いただけます。

質問募集

● 福永祐一 / 祐言実行

このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。
あなたからコラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。

質問フォームへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
祐言実行とは

2013年、念願のJRA賞最多勝利騎手に輝き、いまや押しも押されもせぬトップジョッキーのひとりとして、日本競馬界を牽引する福永祐一。“福永洋一の息子”として、長年プレッシャーと戦いながら、ときに挫折を味わいつつも、決して自分自身と向き合うことを恐れなかった。まだまだ戦の途中ではあるが、有言実行を体現してきた彼には語り継ぐべきことがある。ジョッキー目線で語るレース回顧『ユーイチの眼』や最新の『喜怒哀楽』、さらには福永祐一のルーツに迫る『祐一History』など、盛りだくさんの内容でお届けするコラム。彼のバイタリティーのすべてがここに。

コラムニストプロフィール

福永祐一
福永祐一
1976年12月9日、滋賀県生まれ。1996年に北橋修二厩舎からデビュー。初日に2連勝を飾り、JRA賞最多勝利新人騎手に輝く。1999年、プリモディーネの桜花賞でGI初勝利。2005年、シーザリオで日米オークス優勝。2013年、JRA賞最多勝利騎手、最多賞金獲得騎手、初代MVJを獲得。2014年のドバイDFをジャスタウェイで優勝。

福永祐一『祐言実行』バックナンバー