血統ビーム的・傾向と対策/亀谷敬正

お気に入り

お気に入り

登録済

スピード馬場なら順当?

2017年04月28日(金)19時00分

注目数:90人


◆スタミナよりもスピードを持続する距離の長さが重要

 過去10年の天皇賞春で最も多くの馬券対象馬を出した種馬はハーツクライ。出走した7頭のうち4頭が馬券圏内に。6頭は掲示板(5着以内)に一度は載ったことがあります。

 またウインバリアシオン、カレンミロティックは天皇賞春に複数年出走していますが、挑戦1年目よりも2年目の方が成績を上昇させています。

 ウインバリアシオン、カレンミロティックともに天皇賞春出走1年目は3着。2年目は2着。

 また、2頭は、ともに母系に米国のスピードの持続性に優れた速い血も持っている血統背景。

 天皇賞春が行われる時期の京都芝は、雨が降ったり、主催者が水を撒きすぎない限り、高速馬場仕様。馬力的なスタミナよりもスピードを持続する距離の長さが重要なので、米国寄りのスピードの血が重要になるのです。

 シュヴァルグランは父がハーツクライ。母系にマキャベリアン、グロリアスソング。妹のヴィブロスが同じ京都の高速馬場G1、秋華賞を勝ったようにスピードが要求される京都芝は歓迎の母系。

 また、シュヴァルグランは当レース初挑戦だった昨年が3着。今年は挑戦2年目なので、ハーツクライの法則(ジンクス)によれば、今年は2着? になったら馬券は案外おいしいですよね。1、2人気の2頭にブツけても4倍ぐらいになりそうですから。

 とはいえ、今年の1、2人気キタサンブラック、サトノダイヤモンドの牙城はなかなか強力そうです。2頭の母も、ともに高速馬場を得意とする血統。大きな死角はありません。

 天皇賞は人気上位が走りそうですが、今週の京都を総合的に楽しむなら京都ダート1400mの傾向を知っておくことでしょうか。

 血統の簡単なポイントを亀谷ホームページの無料コラム(ひとりごと)に記しておきますので、興味のある方はそちらもチラ見してください。

【厳選・勝負予想!】亀谷敬正の重賞予想は『ウマい馬券』でチェック!
※パソコン・スマートフォンでご覧ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コラムニストプロフィール

亀谷敬正
亀谷敬正
血統馬券予想理論「血統ビーム」の提唱者。プロフィール詳細や前日予想は「亀谷敬正ホームページ」で(無料コンテンツ多数)。最新著書に「重賞ビーム2017」。

亀谷敬正『血統ビーム的・傾向と対策』バックナンバー