スマートフォン版へ

天皇賞(春)は実績と枠順を素直に評価したい

  • 2017年04月29日(土) 20時00分


 前回4月23日のWIN5は2465万8030円の高額配当決着。4月9日(3893万9010円)、4月16日(1790万470円)に続き、3回連続で配当が一千万円を超えました。ちなみに、大阪杯が行われた4月2日の配当は17万9020円だったものの、高松宮記念が行われた3月26日も7295万8200円の大波乱決着。本格的なGIシーズンが開幕してからというもの、夢のある配当が立て続けに飛び出しています。

 ちなみに、3回以上連続でWIN5の配当が一千万円を超えたのは2016年の7月31日〜8月21日(4回連続)以来で、通算5回目。歴代最長は2012年の3月4日〜4月1日にかけて記録された5回連続です。

 明日4月30日のWIN5は5レース中4レースがオープンクラスのレースという豪華な構成。総出走頭数が76頭、総組み合わせ数が75万3984通り(土曜16時現在)とやや多めなので、今回も高額配当決着となる可能性はそれなりに高いと見るべきでしょう。

◆端午Sは距離と多頭数のレースに対する適性が重要

 1レース目は4歳以上1600万下の晩春S(東京10R)。テラノヴァ、ビップライブリーなどの4歳勢に注目が集まると思います。

 2レース目は3歳オープンの端午S(京都10R)。比較の難しいメンバー構成で、支持は割れるかもしれません。

 3レース目は4歳以上オープンの谷川岳S(新潟11R)。こちらも比較の難しいメンバー構成ですが、ダノンリバティ、ロイカバードあたりはある程度の人気を集めそうです。

 4レース目は3歳オープンのスイートピーS(東京11R)。2連勝中のポールヴァンドルらが上位人気グループを形成するでしょう。

 5レース目は4歳以上GIの天皇賞(春)(京都11R)。土曜16時の時点ではキタサンブラック、サトノダイヤモンドの2頭に人気が集まっていました。

[伊吹式WIN5ランキング 2017年04月30日版]

1位 京都11R 3.キタサンブラック
2位 東京10R 6.ラベンダーヴァレイ
3位 京都10R 5.タガノカトレア
4位 新潟11R 13.ヒーズインラブ
5位 東京11R 2.シーズララバイ
【以上すべての馬を買うと1点買い】

6位 東京11R 8.メイショウオワラ
7位 東京11R 17.ポールヴァンドル
8位 新潟11R 8.ピークトラム
9位 京都10R 12.ウラガーノ
【以上すべての馬を買うと12点買い】

10位 東京10R 4.テラノヴァ
11位 京都11R 6.シュヴァルグラン
12位 東京11R 11.ムーンザムーン
13位 新潟11R 4.ダノンリバティ
14位 京都10R 1.シゲルベンガルトラ
【以上すべての馬を買うと144点買い】

15位 東京10R 7.ビップライブリー
16位 京都11R 15.サトノダイヤモンド
17位 東京11R 10.ヒストリア
18位 東京11R 6.ハートオブスワロー
19位 新潟11R 9.ミュゼエイリアン
20位 新潟11R 11.アルバタックス
21位 新潟11R 12.ライズトゥフェイム
22位 京都10R 8.セイカチトセ
【以上すべての馬を買うと1296点買い】

23位 京都10R 15.マイネルバールマン
24位 東京10R 3.マテンロウハピネス
25位 東京10R 1.ネオスターダム
26位 京都11R 1.シャケトラ
【以上すべての馬を買うと3600点買い】

 5レース目の天皇賞(春)(京都11R)は実績馬が強いレース。「“JRA、かつ天皇賞(春)を除くGI”において3着以内となった経験がない馬」は2011年以降[0-1-3-62]と苦戦しています。さらに「前走が“JRAのレース”、かつ前走の上がり3ハロンタイム順位が2位以下だった馬」のうち、「枠番が5〜8枠だった馬」は2011年以降[0-2-0-45]。また「父にディープインパクトを持つ馬」は2011年以降[0-1-0-9]、「父にサンデーサイレンス系以外の種牡馬を持つ馬」は2011年以降[0-2-1-37]と、それぞれ勝ち切れていません。今年も枠順に恵まれたキタサンブラックが最有力候補です。

 2レース目の端午S(京都10R)は距離適性がポイント。「前走の距離が1400m未満だった馬」は2013年以降[0-0-0-12]ですし、「“JRA、かつ1400m以上のレース”において優勝経験がない馬」も2013年以降[0-0-0-25]と上位争いに食い込めていませんでした。一方「“JRA、かつ1400m以上、かつ出走頭数が15頭以上だったレース”において優勝経験がある馬」は2013年以降[3-3-4-13]と堅実。ダートのレースに限れば底を見せていないウラガーノ、タガノカトレアあたりを重視すべきでしょう。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

競馬評論家。JRAの公式ホームページ内「今週の注目レース」にて“データ分析”のコーナーを、TCK(東京シティ競馬)の公式ホームページ内「分析レポート」にて重賞競走のデータ分析を担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。主な著作に『WIN5(五重勝)ほど儲かる馬券はない!! 少点数で驚愕配当をモノにする絶対的セオリー(競馬王新書)』(白夜書房)、『門外不出! 投票データから分かった! WIN5の鋭い買い方』(東邦出版)、『コース別 本当に儲かる騎手大全』ならびに『コース別 本当に儲かる血統大全』シリーズ(いずれもガイドワークス)など。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング