祐言実行/福永祐一

お気に入り

お気に入り

登録済

【ユーイチの眼】天皇賞(春)回顧『キタサン・シュヴァル・サトノの死力を尽くした激闘』

2017年05月09日(火)18時01分

注目数:120人
祐言実行

▲シュヴァルグランで2着、天皇賞(春)の激闘を振り返る


シュヴァルグランの頑張りに感動を覚えた


 今年の天皇賞(春)は、まさに死力を尽くした激闘だった。

 見た目にどう映っていたのかはわからないが、キタサンブラック、シュヴァルグラン、サトノダイヤモンドの上位3頭でいえば、正直、直線に向いた時点ですでにみんな脚が上がっていた。「あ、止まった…」と感じてからの、底力を振り絞ったバテ合い勝負。その末に待っていたのは、ディープインパクトの記録をコンマ9秒も上回るレコード決着だった。

祐言実行

▲直線の激闘、勝ち馬キタサンブラック(内)と追いすがるシュヴァルグラン(中)・サトノダイヤモンド(外) (C)netkeiba


 確かに時計の出やすい高速馬場ではあったが、実際のラップや見た目以上にタフな競馬で、少なくとも上位勢に関しては、持てる力を余すことなく出し切ったに違いない。負けた自分が言うのもなんだが、本当にいい競馬だったと思うし、勝ち馬の強さを素直に讃えたいと心から思えた。...
続きを読む

続きをお読みいただくには、ベーシックコース(月額250円(税別))への登録が必要です。既にご登録済みの方はこちらからログインしてください。ご登録いただきますと、スマホ版でもご覧いただけます。

質問募集

● 福永祐一 / 祐言実行

このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。
あなたからコラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。

質問フォームへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
祐言実行とは

2013年、念願のJRA賞最多勝利騎手に輝き、いまや押しも押されもせぬトップジョッキーのひとりとして、日本競馬界を牽引する福永祐一。“福永洋一の息子”として、長年プレッシャーと戦いながら、ときに挫折を味わいつつも、決して自分自身と向き合うことを恐れなかった。まだまだ戦の途中ではあるが、有言実行を体現してきた彼には語り継ぐべきことがある。ジョッキー目線で語るレース回顧『ユーイチの眼』や最新の『喜怒哀楽』、さらには福永祐一のルーツに迫る『祐一History』など、盛りだくさんの内容でお届けするコラム。彼のバイタリティーのすべてがここに。

コラムニストプロフィール

福永祐一
福永祐一
1976年12月9日、滋賀県生まれ。1996年に北橋修二厩舎からデビュー。初日に2連勝を飾り、JRA賞最多勝利新人騎手に輝く。1999年、プリモディーネの桜花賞でGI初勝利。2005年、シーザリオで日米オークス優勝。2013年、JRA賞最多勝利騎手、最多賞金獲得騎手、初代MVJを獲得。2014年のドバイDFをジャスタウェイで優勝。