リスタート 〜中央から南関東へ〜/高橋華代子

お気に入り

お気に入り

登録済

キャプテンキングとブルドッグボスの近況

2017年05月15日(月)18時00分

注目数:14人


南関東クラシック一冠目を制したキャプテンキング


 前回のリスタートでもお伝えしました、美浦の加藤和宏厩舎の卒業生キャプテンキング(大井・的場直之厩舎)。5月10日に南関東クラシック一冠目・羽田盃(大井・1800m)が行われ、矢野貴之騎手を背に1番人気に応えて優勝しました。

羽田盃時のキャプテンキング。矢野貴之騎手を背にして優勝しました


 中央時代は後方から末脚を生かす競馬が続いていましたが、この羽田盃はいきなりハナを切る展開になりました。南関東重賞連勝中だった2番人気ヒガシウィルウィンが2番手をピッタリとマークしていく形。最後までこの2頭のマッチレースとなり、キャプテンキングがヒガシウィルウィンに半馬身差をつけての逃げ切り勝ちでした。

「出たなりでとは考えていましたが、逃げることは想定していなかったです。1周目のゴール板を過ぎるまでは下げようとも思っていましたが、他の馬たちが抑えていたので、それなら行こうと。いい気性をしていて、道中は抜群の手応えですが我慢はできるし操縦性もいいです。最後は隣の馬にくっ付いていこうとするところはありましたが振り切ってくれました。どこからでも競馬ができるのがわかって収穫がありました」(矢野騎手)

南関東クラシック1冠目を制覇。記念すべき初めての肩掛け姿です


 大井競馬場は入厩後に毎朝調教を行ってきた場所とは言え、調教とレースは別物です。そんな中、初めて逃げる展開に戸惑った部分もあったでしょうが、しっかり結果を出したのは本当に立派。着差以上の強さを感じさせました。

 この後は6月7日(水)の東京ダービー(大井・2000m)に向かう予定で、南関東クラシック2冠目を目指します。

「中央時代の実績からもここは負けられないレースだったのでホッとしています。次の東京ダービーに向けて自信の持てる内容だったし、このまま順調に仕上げていきたいです」(的場調教師)

羽田盃から数日後の様子。乾草をほおばっている表情が何とも愛らしい


ブルドッグボスが浦和の小久保智厩舎に仲間入り


 栗東の西浦勝一厩舎からやって来たブルドッグボスが、南関東リーディングの小久保智厩舎(浦和)の一員になりました。

 中央ダート短距離7勝。まだ重賞勝ちはないものの、昨年はかきつばた記念とクラスターカップ2着、東京スプリント4着と、ダートグレードレースでの活躍は目立ちました。

 5月上旬に浦和所属馬が過ごしている野田トレーニングセンターに入厩し、順調に調整を進めているそうです。

馬房の窓からひょっこり外を眺めていたブルドッグボス


 担当は東京ダービー馬ラッキープリンスやクレイアートビュン、トーセンアレスなど数多くの重賞ウィナーを手掛けてきた橋本幸逸厩務員です。ブルドッグボスについては、「迫力が違うよね。こういう馬がGIに出るんだなって見せつけられる感じ(苦笑)」と話しをしていました。

 小久保調教師に今後の予定を聞いてみたところ、具体的な予定は決まっていないということでしたが、11月3日のJBCスプリント(大井・1200m)を最大目標にしたローテーションを組んでいくそうです。これから古巣中央勢にどんな勝負を挑むのでしょうか?! まだ5歳、南関東に頼もしい馬が仲間入りをしました。

 次回は5月29日(月)にお会いしましょう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コラムニストプロフィール

高橋華代子
高橋華代子
南関東競馬リポーター。宮城県仙台市出身。元NHK山形放送局キャスター。タイキフォーチュンがきっかけで競馬の世界を知り魅了され、競馬を伝える仕事に就きたく上京。MXテレビ大井競馬中継を経て、現在は南関東競馬内で取材活動を行っている。南関東競馬公式ウェブサイト内・南関魂、大井競馬ホームページ、サンケイスポーツ、楽天、ウェブハロン、ターファイトクラブ会報誌、馬事通信など。