太論/小牧太

お気に入り

お気に入り

登録済

『レースで馬を作る』具体的に騎手は何をするの?

2017年05月23日(火)18時01分

注目数:63人
小牧太

今回の『太論』はユーザーからの質問特集。盛りだくさんでお届けします!


今回もユーザーからの質問特集です。小牧騎手曰く、「レースを通して自分で作ってきた馬」というシャイニングボルトですが、具体的にどんなことを教えてきたのか、また、今後の見通しは!? 弟・毅さんとの旅行の話題から、レースとレースのあいだの過ごし方まで、今回の『太論』も盛りだくさんでお届けします!
(取材・文/不破由妃子)


シャイニングボルトは大事に乗っていきたい1頭

──今回も質問がたくさん届いています。まずはシャイニングボルトについての質問です。『シャイニングボルトは「レースを通して自分で作った馬」とおっしゃっていましたが、“馬を作る”とは、具体的にどんなことを教えてきたのですか? また、500万初戦はハイペースに巻き込まれて6着でしたが、レース後「すぐにチャンスはある」とコメントされていました。負けてもすぐにチャンスがあると思えるのは、どんな敗因のときでしょうか』。

小牧 教えたのは、前に行くこととかスタートとか。あとは、どんなレースでもできるように、砂を被せてみたりとかね。

──初戦はちょっと揉まれるシーンがあり、砂を被りつつも、最後の最後にきましたものね。

小牧 そうそう、だからこれは走るなと思って。で、次走はスタートを決めて、今度は砂を被らないように乗っていったら、2着に頑張ってくれて。3戦目では、順当に強い勝ち方をしてくれたからね。

小牧太

「(シャイニングボルトは)3戦目では、順当に強い勝ち方をしてくれたからね」(写真は未勝利優勝時、(C)netkeiba)


──前走の昇級戦(4月8日・阪神5R・3歳500万下)は、結果的に息の入らない厳しい展開になり6着。展開を考えれば、最後はよく踏ん張ったなと。

小牧 そうやね。ただ、前走は珍しくテンションが高くてね。レース前の段階から、「あれ?」っていう感じやった。案の定、いつものようにゲートも決まらなくて。道中で付いていくのが精一杯になってしまったね。力を出せんかった。

──でも、レース後は質問にもあるように、「すぐにチャンスはある」とコメントされていました。

小牧 うん、本来ならどんなレースでもできる馬やと思うから。ただ、前回は明らかにいつもと違っていたから、力を出せんかったけどね。落ち着いていたら、(500万も)十分間に合うよ。なんせ乗り心地のいい馬なんでね。そういう意味で、「チャンスはある」と言ったんです。今後も乗せてもらえるとしたら、大事に乗っていきたい1頭やね。

──続いては、『太さん、お疲れさまです! 先日、弟の毅さんを阪神競馬場でお見かけしました。ウィナーズサークルでは、申し訳なさそうに写真に収まっていらっしゃいましたね(笑)。園田代表で視察でもありましたか?』という質問です。

小牧 ああ、ときどき来てるよ。園田代表というわけではないけど、馬主さんへのご挨拶だったり、新しい馬主さんの開拓だったり。顔を出すことで、それがきっかけになったりするからね。で、僕が勝ったら(ウィナーズサークルに)下りてきたり。

──そうなんですね。兄弟で同じ業界にいるわけですから、協力し合えることもありますよね。

小牧 いや、僕は何にもしてないけどね(苦笑)。ついこの前は、弟夫婦と広島旅行に行ってきました。

──ひょっとして、毎年恒例の漁ですか?

小牧 そうそう、恒例の定置網の漁に行ってね。とはいえ、友達の船に一緒に乗せてもらうだけで、僕らは見てるだけやで。鯛を抱えて、いかにも「俺がとったどー!」っていう顔して写真を撮ったけど、実際はなんにもしてへん(笑)。

──で、その場でさばいて食べるんですよね? 絶対に美味しいヤツ!

小牧 うん。船の上でも食べるし、戻ってからは友達の店で料理してもらってね。鯛、平目、ハマチなんかが獲れて、生きたままさばいてくれる。新鮮やから、独特のコリコリした歯応えは味わえるけど、獲れたては味がタンパクやね。魚の濃厚な味を楽しみたいなら、やっぱり寝かせたほうがいいね。

──なるほど。それにしても、最高に贅沢な休日で、羨ましい限りです。続いては、 『ジョッキーは一日に何レースも乗りますが、やはりだんだん疲れが溜まってくるものなのでしょうか? たとえば、連続騎乗でクタクタになって馬を追えなくなるなど、そういうこともあるのでしょうか?』という質問です。

小牧 数を乗った週は、月曜日に疲れがドッとくることはあるけど、開催日当時にヘトヘトになって馬を追われへんなんていうことはないよ。普段からトレーニングしているし、やっぱりみんな体力があるからね。

──そうですよね。そういえば小牧さん、最近はあいだを置かずの連チャン騎乗が多いですよね。

小牧 そうやね。5連チャンとか…。あ、先々週(4月16日)は8連チャンでしたやん。あれはさすがに疲れたね。

小牧太

先々週(4月16日)は8連チャンでしたやん。あれはさすがに疲れたね


──先週の日曜日(4月23日)は、1、2、3、12Rと、これまた極端にあいだが空くこともあり。

小牧 そうそう。上手いことバラけてくれたらいいんやけど、そうも言ってられん(苦笑)。あの日は、3Rが終わった時点でちょこっと食べて、漫画を読みながら1時間くらい半身浴をしてましたわ。そのあとは自分の部屋に戻ってゆっくりして、早めに準備運動を初めて。

──『レースとレースのあいだには、体のメンテナンスなどをしているのですか?』という質問もきていました。

小牧 もちろんしてるよ。しかも、今年から関西はメディカルトレーナーが常駐しているので、マッサージをしてもらったり。あんまり時間がないから部分的なケアやけど、すごくいいよ。あとは個々に、ポールに乗ったり、柔軟体操をやったり。とにかくメディカルトレーナーの導入は好評やね。僕もだいぶ助けられてるわ。

質問募集

● 小牧太 / 太論

このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。
あなたからコラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。

質問フォームへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コラムニストプロフィール

小牧太
小牧太
1967年9月7日、鹿児島県生まれ。1985年に公営・園田競馬でデビュー。名伯楽・曾和直榮調教師の元で腕を磨き、10度の兵庫リーディングと2度の全国リーディングを獲得。2004年にJRAに移籍。2008年には桜花賞をレジネッタで制し悲願のGI制覇を遂げた。その後もローズキングダムとのコンビで朝日杯FSを制するなど、今や大舞台には欠かせないジョッキーとして活躍中。

小牧騎手へのご質問をお待ちしております。