血統ビーム的・傾向と対策/亀谷敬正

お気に入り

お気に入り

登録済

今年のダービーも南米系のスピードが活きる

2017年05月26日(金)19時00分

注目数:88人


◆母系に南米系の速い血を詰め込むことが重要

 軽い馬場のダービー、オークスでは「南米の血」と「ディープ軍団の仕上がり」がポイントになります。

 今年のオークスはソウルスターリング、モズカッチャンが1、2着に。

 2頭に共通するのは、内枠で中団前から競馬をしたこと。ミスタープロスペクター系の中でも芝中距離の高速持続力競馬に強い血を持っていたこと。

 フランケルはミスタープロスペクター系ミスワキの特性を引き継ぐ種馬。ミスワキ産駒では、マーベラスクラウンがジャパンカップを優勝。中距離芝のスピードの持続性はおそらく世界レベルだったサイレンススズカも母父ミスワキ。

 モズカッチャンの母父はミスプロ系キングマンボ系のキングカメハメハ。さらに母系にストームバード。

 スワーヴリチャードの母父はミスタープロスペクター系のアンブライドルズソング。産駒に、今年のドバイワールドカップを圧勝したアロゲート。中距離でのスピードの持続力勝負では世界最高レベルの馬。

 アンブライドルズソングはミスプロ系のなかでもファピアノの系統。ファピアノ産駒のロイは南米チリで9年連続リーディング。南米でも成功をおさめた系統。

 昨年のダービーも勝ち馬のマカヒキ、2着のサトノダイヤモンドはともに母系に南米の名血サザンヘイローを持つ馬。軽い馬場のダービーでは、母系に南米系の速い血を詰め込むことが重要。(だからでしょうか。ファピアノ系ロイの牝馬もノーザンファームは導入してディープとハーツクライを配合しまくってます)

 スワーヴリチャードの父ハーツクライは現役時代にキングカメハメハが勝ったダービーで上がり最速で2着。自身もダービー馬に匹敵する能力を発揮した馬。有馬記念ではディープインパクトを破って優勝。産駒のワンアンドオンリーもすでにダービーで優勝。

 前走の皐月賞は、ハーツクライの母父トニービンの血にとって鬼門の1枠を引き6着。ハーツクライ産駒のワンアンドオンリーも皐月賞で1枠。窮屈な競馬で力を出せず4着。古くは母父トニービンのアドマイヤベガも皐月賞で1枠を引き6着に敗れた後、ダービーでは優勝。トニービンの内枠に泣いたスワーヴリチャードも血統の傾向からは巻き返しとなりそうですが、はたして。

 オークスでサンデーの血を持つ馬が2着以内に入れなかったのは、ハーツクライ軍団は枠順に泣き、ディープ産駒に末脚勝負ができる馬が結果的にいなかったことも原因では?

 米国系の速い血を母系に持ち、インの中段からしっかりと末脚勝負できるハーツクライ、ディープ産駒がこの舞台には最も合っているのではないでしょうか。

【厳選・勝負予想!】亀谷敬正の重賞予想は『ウマい馬券』でチェック!
※パソコン・スマートフォンでご覧ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コラムニストプロフィール

亀谷敬正
亀谷敬正
血統馬券予想理論「血統ビーム」の提唱者。プロフィール詳細や前日予想は「亀谷敬正ホームページ」で(無料コンテンツ多数)。最新著書に「重賞ビーム2017」。

亀谷敬正『血統ビーム的・傾向と対策』バックナンバー