with 佑/藤岡佑介

【ダービー回顧】ダービーを終えて──応援してくれた皆様へ

2017年05月29日(月)18時01分

注目数:166人
今回は『with 佑』の特別編として、クリンチャーで挑んだ昨日のダービーの結果について、藤岡佑介騎手が自身の言葉で現在の心境をつづります。


 クリンチャーが懸命の走りで掴んでくれた日本ダービーへの切符。その晴れの舞台で、結果はおろか、クリンチャーの力を出し切るためにジョッキーとしてやるべきことが、何ひとつできませんでした。

 皐月賞での走りからクリンチャーに力があることを認めてくれて、「ひょっとしたら…」と、楽しみにしてくださっていた方もたくさんいると思います。もちろん、僕自身もそうでした。チャンスのある馬でダービーに乗せていただける機会などそうそうあるものではないので、ダービーを迎えるまでいい緊張感を保ちつつ、リズムよく騎乗することができていました。

 希望していた内枠をもらい、あとは先行して、いかにクリンチャーにとっていいペース、有利な流れを作り出すか。僕の仕事はそこだけだったはずです。...
続きを読む

続きをお読みいただくには、ベーシックコース(月額250円(税別))への登録が必要です。既にご登録済みの方はこちらからログインしてください。ご登録いただきますと、スマホ版でもご覧いただけます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「with 佑」とは

JRAジョッキーの藤岡佑介騎手がホスト役となり、騎手仲間や調教師、厩舎スタッフなど、ホースマンの本音に斬り込む対談企画。関係者からの人望も厚い佑介騎手が、毎月ゲストの素顔や新たな一面をグイグイ引き出し、“ここでしか読めない”深い競馬トークを繰り広げます。

コラムニストプロフィール

藤岡佑介
藤岡佑介
1986年3月17日、滋賀県生まれ。父・健一はJRAの調教師、弟・康太もJRAジョッキーという競馬一家。2004年にデビュー。同期は川田将雅、吉田隼人、津村明秀ら。同年に35勝を挙げJRA賞最多勝利新人騎手を獲得。2005年、アズマサンダースで京都牝馬Sを勝利し重賞初制覇。2013年の長期フランス遠征で、海外初勝利を挙げた。

藤岡佑介『with 佑』バックナンバー