スマートフォン版へ

【ダービー回顧】『今までにない特異なダービー』国枝師&畠山師が調教師の視点で分析

  • 2017年06月02日(金) 18時01分
GIドキュメント

▲(左)国枝栄師&(右)畠山吉宏師が、今年のダービーを回顧


レイデオロが優勝し、名伯楽・藤沢和雄調教師が19頭目の挑戦にして、悲願とも言える日本ダービーのタイトルを手中に収めた。藤沢調教師を「藤さん」と呼ぶ間柄の美浦の国枝栄調教師と、スプリングSの勝ち馬ウインブライト(15着)を出走させていた畠山吉宏調教師に、それぞれの立場から日本ダービーを振り返ってもらった。(取材・文:佐々木祥恵)


国枝師『藤さんがダービーを獲るという意味は大きかった』


 スローペースということもあって、今までにない特異なダービーでしたね。いつもはダービーの2つ前に行われる1000万特別の青嵐賞、ウチのケイブルグラム(2着)も出ていましたけど、2400mのこのレースがダービーの目安となるんですけどね。青嵐賞の勝ち時計が2分23秒8で、ダービーは2分26秒9と丸っきり違いますし、近年ちょっと考えられないような時計でした。

 その中でも、スローペースを読み切ったルメール騎手は、度胸のある騎乗、ファインプレーだったと思います。通常だとあの位置から仕掛けてしまうと、だいたい結果は良くないものですけどね。それだけレイデオロがコントロールできる落ち着いた馬だったのでしょう。

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

有名予想家・ライターによるGIスペシャルコラムや、有力馬密着レポート、1週前からの調教レポートなど、GIレースの攻略情報をどこよりも詳しく、より濃密にお届けします。公開はプレミアムサービス限定となります。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング