スマートフォン版へ

【ダービー回顧】佐藤哲三元騎手 “動くに動けない”騎手心理を解説

  • 2017年06月03日(土) 18時01分
GIドキュメント

▲佐藤哲三氏が日本ダービーを騎手目線で解説(レース写真:下野雄規)


今年の日本ダービーは、横山典弘騎手が演出した“歴史的スローペース”から、後方14番手に控えていたルメール騎手が一気に位置取りを押し上げる特異な展開に。果敢な仕掛けに12万人の観衆がどよめくも見事にそのまま押し切り、レイデオロが7015頭の頂点に輝いた。ファンからはルメール騎手の好騎乗に称賛の声が集まる一方、同様に仕掛けなかった騎手たちには疑問の声が相次ぎ、騎乗の真意が伝わっていない様子。騎手にしかわからない“動くに動けない”心理とは? レース回顧と併せて佐藤哲三元騎手が解説する。(構成:赤見千尋)


ルメール騎手の上手さが際立ったレース


 今年のダービーについてですが、まずは勝ったレイデオロは強かったと思います。かなりのスローペースで特異な展開になりましたが、ルメール騎手は攻めるポイントを熟知していて、スローになったと判断して向正面で動きました。

 動いたことは見た目にわかりやすいので、そこが勝敗を分けたように感じるかもしれませんが、途中で動いたからといって勝てるわけではないんです。もしルメール騎手ではない騎手が乗って同じ競馬をしたとしたら、負けている可能性もあると思います。そこが、ルメール騎手のすごいところです。

 一番感じるのは、馬乗りの基本的なことですけど、抑え方が違うんです。道中いつでも動けるような態勢を作っている。だから瞬時に上がって行けるし、一度上げたペースを楽に減速することもできる。現在日本では、『瞬発力は溜めて求めるもの』という考えの人が多い中で、ルメール騎手は『瞬発力を発揮させるために馬を抑える』という考え方はしていないんじゃないでしょうか。オリビエ・ペリエ騎手(フランス)もそうですけど、引っ掛かる馬でも他の人が乗る以上に前に行かせながら折り合いをつけることができる。他の人たちよりも『引っ掛かる』という感性がないように感じますし、切れ味に頼り過ぎない乗り方を普段からしていますよね。

GIドキュメント

▲「もしルメールではない騎手が乗って同じ競馬をしたとしたら、負けている可能性も」


 2着だった四位騎手(スワーヴリチャード)は、“動かない”という選択をした上でしっかり着順を取りました。4コーナーまでシミュレーション通りで完璧だったんじゃないでしょうか。ただ1点、ここもルメール騎手の上手さが発揮されたところですが、直線の立ち上がりで逃げている典さん(横山典弘騎手・マイスタイル)に馬体を併せに行かず、4馬身くらい外に出しましたよね。四位騎手はさらに外に振られて、そこから馬が内に戻ろうともたれるようになってしまった。直線はもたれるのを直しながら追っていたので、あそこは大きかったと思います。

 実際馬場もそこまで悪くなかったし、距離損も考えて典さんに併せに行ってもおかしくない場面でした。直線が長い分、馬やラチに併せていった方が追いやすい中で、ルメール騎手にはそこを離しても動かせる自信があった。後ろから来る馬のことを考えて、あそこまで出す余裕があったんです。

 レイデオロはパドックからエキサイトしていましたし、返し馬もけっこう入れ込んでいてギリギリに見えました。その中で、向正面で動き、4コーナーで外に出しながら回るということを難なくやって見せた。これはもう本当にすごいと思いますし、自分が馬に頼らずに、“馬がジョッキーに頼るような騎乗”ですよね。一概には言えませんが

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

有名予想家・ライターによるGIスペシャルコラムや、有力馬密着レポート、1週前からの調教レポートなど、GIレースの攻略情報をどこよりも詳しく、より濃密にお届けします。公開はプレミアムサービス限定となります。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング