スマートフォン版へ

好走条件がはっきりとしているユニコーンS

  • 2017年06月16日(金) 18時00分


◆前走オープン連対馬を重視

 ユニコーンSは堅いレースで、前走オープン連対馬がやたらと強い。兵庫チャンピオンシップ組(今年1頭のみ)のように地方重賞から来るパターンはよいが、ドバイ帰り(今年不在)は実績ほど走れない印象。いちばん無難なのは中央のオープン特別から来る形。500万条件組は苦戦しており、前走オープン(地方等も含む)組も連対してきた馬と3着以下だった馬とでは大きな成績差がある。

 サンライズソアは今回唯一の前走オープン勝ち馬。有力馬の中で唯一、このコースで有利な外枠を引いたのも強調材料だ。ダート2勝はいずれも脚抜きの良い馬場だったので、日曜早めに雨が少し降るとなお良い。岩崎騎手にとっても初重賞のチャンスだ。

 リエノテソーロはスパイツタウン産駒だが1600mもここまでを見る限り大丈夫そうだし、芝のGIで2着という能力の絶対値はやはり強み。あとは内枠と乗り替わりがテーマだろう。
 
 ハルクンノテソーロもこのレースでの好走基準を満たす、前走オープン2着馬。ただファスリエフ産駒だけに、重賞レベルの1600mでやれるのかどうかが問題。枠もだいぶ内を引いてしまった。

 サンライズノヴァは今回戸崎騎手に戻る(新馬以来)こともあり上位人気になりそう。ただ、前走の内容は軸にするにはちょっと足りない印象も。前々走の評価も含めて、コーナー4つの1800mよりも東京ダート1600mでこそ生きる馬だった場合にのみ、ここでの勝ち負けがあるのではと思う。

 シゲルベンガルトラはだいぶ使われているので上昇余地はないかもしれないが、相手なり・展開なりに走る魅力はある。同コースで7,3着なので重いシルシを回すことは難しいが、3連単の3着を意識した△は必要か。

 同じシゲルのシゲルコングは全日本2歳優駿の2着馬だが、3歳になってからの成績を見るとここでは手を出しづらい。
 
 強く推せるわけではないが500万条件勝ち組から買い目に入れる馬を選ぶとしたら、2戦2勝のサヴィか、ダート2連勝中のアンティノウス。前者は距離経験が無いのが気になる。着差をつけてくるタイプのほうがこのレースでは結果が出ているので、その意味でもアンティノウスのほうだろうが、鞍上がルメールということで必要以上に人気になってしまう可能性はある。

【予想】須田鷹雄の勝負予想は『ウマい馬券』でチェック!
※PC・スマートフォンよりご覧ください。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1970年東京生まれ。競馬評論家、ギャンブル評論家。中学生時代にミスターシービーをきっかけとして競馬に興味を持ち、1990年・大学在学中に「競馬ダントツ読本」(宝島社)でライターとしてデビュー。以来、競馬やギャンブルに関する著述を各種媒体で行うほか、テレビ・ラジオ・イベントの構成・出演も手掛ける。競馬予想に期待値という概念を持ち込み回収率こそが大切という考え方を早くより提唱したほか、ペーバーオーナーゲーム(POG)の専門書をはじめて執筆・プロデュースし、ブームの先駆けとなった。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング