スマートフォン版へ

世代を超えた“坂路の申し子” キタサンブラックとミホノブルボン

  • 2017年06月22日(木) 18時01分
ミホノブルボン

▲ハードトレーニングはいかに馬を強くするのか、ミホノブルボンを担当していた安永司調教助手が語る


キタサンブラックの出走も相まってか、少頭数となりそうな宝塚記念。昨年の年度代表馬でありながらキタサンブラックは今春、大阪杯と天皇賞・春を制覇し、ますますパワーアップしている。その大きな理由は大阪杯前や今回にも課せられた「坂路3本乗り」というハードトレーニングだろう。

その昔、「坂路の申し子」と呼ばれた馬がいた。無敗のダービー馬・ミホノブルボン。キタサンブラックと同じく短距離血統と思われながら、坂路4本乗りで身に着けたスタミナで菊花賞でも2着だった。ハードトレーニングで有名だった戸山為夫厩舎でミホノブルボンを担当していた安永司調教助手(現在は松元茂樹厩舎所属)の話からミホノブルボン、さらにはキタサンブラックの強さに迫る。

(取材・文・写真:大恵陽子)


普通の厩舎なら2本のところ、戸山厩舎は坂路4本


 宝塚記念への最終追い切りを終えて、キタサンブラックを管理する清水久詞調教師は同馬の強みをこう答えた。

「健康で丈夫。ハードに鍛えていますが、へこたれず、こちらの期待に応えてくれています」

 この春、坂路3本乗りをはじめとしたハードトレーニングにより年度代表馬がさらに強くなっていく姿はファンにも衝撃と興奮を与えた。

 25年前、「坂路の申し子」と呼ばれた栗毛馬がいた。無敗のダービー馬・ミホノブルボン。管理する故・戸山為夫調教師の「鍛えて馬を強くする」という信念の下、坂路を1日に4本乗り込まれていた。当時、タイムが計時されるのは500m。坂路自体の総距離も785mと、計時距離・総距離ともに今より300m短かった。そのため単純に本数だけで比較することはできないが、ミホノブルボンも坂路でしっかり乗り込まれていたことは確かであろう。

 当時、持ち乗り調教助手として担当していた安永司調教助手はこう振り返る。

「トレセンに入ってきて初めて追い切った時、すんごい時計が出たんです。走る馬に共通して言えることですが、乗っていてスピードを感じさせないんですよね。当時私は25歳。トレセンに入って3年目だったんですが、そんな私でも分かるほどすごい馬でした」

 当初から感じた素質の一方で、こんな苦悩もあったという。

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

有名予想家・ライターによるGIスペシャルコラムや、有力馬密着レポート、1週前からの調教レポートなど、GIレースの攻略情報をどこよりも詳しく、より濃密にお届けします。公開はプレミアムサービス限定となります。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング