スマートフォン版へ

【ユーザー質問4連発】「応援しているお客さんは目に入る?」「芝のレースはぶっつけ本番?」

  • 2017年07月03日(月) 18時01分
ギャロップ翼

▲読者からの質問に全力回答!「これからもたくさん質問を頂けると嬉しいです!」(撮影:武田明彦)


今回は“ギャロ翼”初となる読者からの質問コーナー! ある質問をきっかけに、検量室奥でしか見せない笹川騎手の意外な一面と、自身も気づいていなかった騎乗前のクセが明らかに!? (取材・文:赤見千尋)

このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。笹川翼騎手へ「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。【⇒質問フォームへ】

声援&ヤジは聞こえてる?


――先週からユーザー質問を開始しましたので、今回はいただいた質問の中からいくつかピックアップしました。

Q. デビューから今までで、一番印象に残っている馬はなんですか? 初重賞制覇のムサシキングオー? 2歳から調教にも乗ってダービーに挑んだグランユニヴェール? それとも…?(HN:デビさん)

笹川 グランユニヴェールですね。ムサシキングオーももちろん思い入れは強いですけど、1頭に携わるという面では、今の自分の基礎というか、すごく考えさせられた1頭なので思い入れは強いです。

――どんなことを考えさせられたんですか?

笹川 やっぱりハイセイコー記念で勝たせてあげられなかったのが一番です。すごく力のある馬なので、やり方一つでもっと違ったんじゃないかなと。たらればですけど、そういう感覚はずっとあります。あとは、レースで教えていくという経験をしたのも初めてですし、毎日の調教の中で、どうすればどう成長していくかも考えました。馬の成長というのは思った通りにいかないことの方が多いですけど、こちらが思っていた以上に成長してくれることもありますし、難しいですけど面白いです。そういうことをグランユニヴェールが教えてくれました。技術的なことも、精神的なことも、すべての面において成長させてくれた1頭ですね。

ギャロップ翼

▲デビュー戦から手綱を取り、16年のクラシックをともに戦ったグランユニヴェール(撮影:高橋正和)


Q. 笹川騎手は、パドックや返し馬の時、お客さんをよく見ている気がしますが、応援しているお客さんのことは目に入りますか?声援は聞こえていますか?(HN:ルビーさん)

笹川 見てますかね? 特に意識はしてないですけど、そう見えるということは見てるのかなぁ(笑)。パドックで跨った時は、跨った馬の感触とか、周りの馬の雰囲気、あとはオッズとかも見てます。声をかけられればもちろんわかりますけど、ルール上反応しちゃいけないじゃないですか。返事ができないのは残念ですね。

――声援は嬉しい?

笹川 もちろん、どんどんかけて欲しいです。

――ヤジは?

笹川 全然、言ってもらって大丈夫です。“○ね”とかじゃなければ(苦笑)。でもそこまでひどいというか、辛口なのはそんなにないですけどね。

――ちなみに、人気馬に乗った時、緊張しますか?

笹川 前は緊張してましたけど、今は前ほどないですね。気持ち的には、人気馬に乗るとマークがキツくなるので、自分のやるべきことを徹底しようと考えています。

――緊張しなくなったのはいつ頃ですか?

笹川 いつ頃ですかね。いろいろな経験をさせてもらっているので、その経験が重なってメンタルが楽になってきたんだと思います。あんな経験したんだから、普段緊張するはずない、もう緊張するはずない、って思ってます。

――傍から見てると、感情の起伏が見えないですよね。

笹川 よく言われますけど、でも1つ勝つとめちゃくちゃ喜びますよ。

――そういう姿を見たことないです。

笹川 検量室の奥とかで、バレットさんにしか見せてないかもしれないですね。

――裏ではすごく喜んでいるんですね。いつかバレットさんにインタビューで聞いてみます。

笹川 はい(笑)。よろしくお願いします。

Q. 毎回、コラム楽しみにしています! この連載を始めてからジョッキーや関係者の方々、また家族から反響はありましたか?(HN:へぶんさん)

笹川 ありますね。先日も勝って口取りに行った時、オーナーの方に「コラム見てるよ」って言ってもらって嬉しかったです。家族も毎回見てくれて、喜んでくれてますよ。

Q. JRAやフランスで芝のレースに乗ってらっしゃいましたが、それ以前に芝のレースに騎乗する機会ってあったのでしょうか?それともぶっつけ本番だったんでしょうか?(HN:hidyさん)

笹川 芝に乗った一番最初は岩手ですね。ダートと比べて硬いなというイメージでした。JRAとフランスも全然違うし、それぞれ特徴がありますよね。フランスはみっちり生えてて力が要る感じでした。馬場も歩いたんですけど、これは確かに質が全然違うなって。それぞれ経験させてもらって、引き出しが増えたことがありがたいです。

ギャロップ翼

▲フランスで芝のレースに騎乗する笹川騎手(写真:本人提供)


――ちなみに、ダートの馬場状態で一番好きなのは?

笹川 それはもちろん良ですよ! 理由は前が見えるからです。不良や重だと本当に前が見えづらくて…。ナイターだと余計です。前が見えないと怖いですよね。

――南関東4場で乗りやすいのは?

笹川 一番乗りやすいのは、コース的には船橋です。3、4コーナーがスパイラルですし。難しいのは浦和ですね。コースもですけどテンから出して行くので展開も難しいです。

――先月から今月にかけて、3週連続休みなしという経験をしましたが、気持ちの面はいかがでしたか? 切り替えられるタイプ?

笹川 そうですね。普段はあんまり落ち込んだり引きずったりしないです。ただ、馬が命を落とした時は…かなり落ち込みます。そういう時は神社に行ったり、馬頭観音に必ずお参りに行ってます。忘れることはないですけど、それを自分の中で一つの区切りにして、気持ちを切り替えるようにしています。

――今回初めてユーザーの方からの質問に答えましたが、いかがでしたか?

笹川 このコラムを読んでもらえたことが嬉しいですし、僕に興味を持っていただけていることが嬉しいですね。パドックでの視線のこととか、自分では気づいていないことを指摘されて面白かったです。これからもたくさん質問をいただけると嬉しいです! よろしくお願いします。

※次回の掲載は7月17日(月)予定です

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1994年7月17日生、新潟県出身。2013年4月7日に米田英世厩舎(大井)からデビューすると初年度から43勝を挙げ、NARグランプリ優秀新人騎手賞を獲得。重賞勝利に勝島王冠(15年)、船橋記念(16年)、ハイセイコー記念(16年)。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング