WIN5 スペシャル予想/伊吹雅也

お気に入り

お気に入り

登録済

両重賞とも今年は絞り込みやすいメンバー構成

2017年07月08日(土)20時00分

注目数:12人


 明日7月9日のWIN5は総出走頭数が62頭、総組み合わせ数が27万7200通り(土曜16時現在)。総組み合わせ数はかなり少ない部類で、的中させやすい回と言えます。ただ、断然の人気を集めそうな馬もいますし、場合によってはかなりの低額配当決着になるかもしれません。

 また、明日はWIN5対象となった5レースのうち3レースがダート。これまでに施行されてきたWIN5対象レースのうち、ダートのレースはおよそ3割弱ですから、過半数を占めている回はなかなかレアです。もっとも、過去のWIN5対象レースを振り返ってみると、単勝人気順別成績や騎手別成績は芝もダートもほとんど同じ。特にスタンスを変える必要はないでしょう。

◆七夕賞はゼーヴィントを素直に信頼したい

 1レース目は3歳以上1000万下、ハンデキャップ競走の有松特別(中京10R)。4歳のカイザーバルあたりに注目が集まると思います。

 2レース目は3歳以上1000万下の天の川賞(福島10R)。出走馬すべてが5歳以上と言うこともあって、人気は割れるかもしれません。

 3レース目は3歳以上オープン、ハンデキャップ競走のマリーンS(函館11R)。前哨戦の大沼Sを勝ったテイエムジンソクに支持が集中しそうです。

 4レース目は3歳以上GIIIのプロキオンS(中京11R)。土曜16時の時点ではカフジテイクの人気がやや抜けており、アキトクレッセント、キングズガード、ベストマッチョらが続いていました。

 5レース目は3歳以上GIII、ハンデキャップ競走の七夕賞(福島11R)。こちらは土曜16時の時点だとゼーヴィントが人気の中心で、ヴォージュ、マルターズアポジーらが続いています。

[伊吹式WIN5ランキング 2017年07月09日版]

1位 福島11R 8.ゼーヴィント
2位 中京10R 6.カイザーバル
3位 中京11R 2.ベストマッチョ
4位 福島10R 5.スルターナ
5位 函館11R 11.テイエムジンソク
【以上すべての馬を買うと1点買い】

6位 函館11R 5.メイショウスミトモ
7位 函館11R 10.リッカルド
8位 福島10R 7.モアニケアラ
9位 中京11R 4.アキトクレッセント
【以上すべての馬を買うと12点買い】

10位 中京10R 2.イレイション
11位 福島11R 11.マイネルフロスト
12位 函館11R 2.ドリームキラリ
13位 福島10R 10.アンプラグド
14位 中京11R 8.カフジテイク
【以上すべての馬を買うと144点買い】

15位 中京10R 8.ロードプレミアム
16位 福島11R 3.フェルメッツァ
17位 函館11R 8.アルタイル
18位 福島10R 1.アドマイヤピンク
19位 福島10R 9.マイネルディアベル
20位 福島10R 4.フクノグリュック
21位 中京11R 6.チャーリーブレイヴ
【以上すべての馬を買うと1080点買い】

22位 中京11R 1.メイショウウタゲ
23位 中京11R 14.ブライトライン
24位 中京10R 4.シンダーズ
25位 中京10R 5.ミリッサ
26位 福島11R 9.マルターズアポジー
【以上すべての馬を買うと3600点買い】

 4レース目のプロキオンS(中京11R)は年明け以降の戦績を素直に評価したい一戦。「同年、かつJRA、かつ1400m以上の重賞かオープン特別において3着以内となった経験がない馬」は2013年以降[0-0-2-30]なので評価を下げるべきでしょう。また「前走の着順が2着以下、かつ前走の1位入線馬とのタイム差が0.5秒以上だった馬」は2013年以降[0-0-1-26]、「前走の4コーナー通過順が6番手以下だった馬」は2013年以降[0-1-2-25]。大敗直後の馬や先行力が高くない馬も信頼できません。今年のメンバー構成ならアキトクレッセントやベストマッチョを重視したいところです。

 5レース目の七夕賞(福島11R)も近走成績がポイント。「“前年か同年、かつJRA、かつ1600万下から上のクラス、かつ2200m以下のレース”において優勝経験のない馬」は2009年以降[0-1-0-51]と苦戦していました。また、同じく2009年以降に限ると「前走が“JRA、かつ条件クラスのレース”だった馬」は[0-0-0-10]、「前走が“国内外のGIかGII”以外のレース、かつ前走の着順が12着以下だった馬」は[0-0-0-18]、「前走が“国内のレース”、かつ前走の馬体重が510kg以上だった馬」は[0-0-1-20]、「前走が“国内のレース”、かつ前走の4コーナー通過順が2番手以内だった馬」は[0-0-2-19]。オープン入り直後や格上挑戦の馬、大敗を喫したばかりの馬、馬格のある馬、そして先行馬は過信禁物だと思います。注目はゼーヴィント。前出の条件をすべてクリアしていますし、コース替わりもプラスに働くでしょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コラムニストプロフィール

伊吹雅也
伊吹雅也
競馬評論家。的確でわかりやすいデータ分析に定評があり、『JRAホームページ』内「今週の注目レース」で“データ分析”のコーナーを担当しているほか、『グリーンチャンネル』ほかさまざまなメディアに活躍の場を広げている。近著に『本当に儲かる騎手データブック 馬券の勝ち組は騎手を野次らない(競馬王新書EX008)』(ガイドワークス)、『門外不出! 投票データから分かった! WIN5の鋭い買い方』(東邦出版)など。最新刊『コース別 本当に儲かる騎手大全』(ガイドワークス)が2015年08月26 日に発売。