祐言実行/福永祐一

【ユーザー質問】祐言実行Q&A『鼻を貸す貸さないでユタカさんとバトル!?』

2017年07月11日(火)18時01分

注目数:89人
祐言実行

▲一世一代の大舞台でディープインパクト&武豊騎手に“意地悪”をたくらむも…?


2005年のオークス&ダービーでの出来事


Q. ゲートで馬がうるさい仕草をし始めると、隣の騎手が自分の馬の顔をその馬のほうに向け、鼻面を合わせる行為を「鼻を貸す」というそうですが、それは暗黙の了解のようなものなのでしょうか? その場合、両隣の騎手のうち、後輩が貸すなどの慣習があるのか気になっています。

「鼻を貸す」という言葉自体は聞いたことがないが、ゲートで隣の馬がうるさければ、落ち着かせるために鼻を寄せることはある。ただ、鼻面を合わせることで落ち着く馬もいれば、逆に興奮してしまう馬もいるので、必ずしも効果的な手法ではなく、馬によってケースバイケースだ。

 当然、暗黙の了解でもないし、後輩は隣の先輩に鼻を貸さなければいけないなどという慣習もない。自分が思うに、そのときの自分や相手の騎乗馬のタイプに寄るところが大きく、そこから先は、ジョッキー各々の配慮レベルの違いではないか。

 たとえば、自分の騎乗馬がゲートでうるさかったとき、落ち着かせようと配慮してくれて、騎乗馬の顔をこちらに向けてくれるジョッキーもいれば、うるさい馬のほうに自分の馬の顔を向けるのを嫌がるジョッキーもいる。それで落ち着けばこちらとしてはありがたいが、鼻を寄せてくれなかったからといって、そこに負の感情が生まれるわけでもない。要するに、馬によってもジョッキーによってもケースバイケース。そこにはルールも慣習もない。

 この質問には追記があり、「以前、武豊さんがテレビ番組で...
続きを読む

続きをお読みいただくには、ベーシックコース(月額250円(税別))への登録が必要です。既にご登録済みの方はこちらからログインしてください。ご登録いただきますと、スマホ版でもご覧いただけます。

質問募集

● 福永祐一 / 祐言実行

このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。
あなたからコラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。

質問フォームへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
祐言実行とは

2013年、念願のJRA賞最多勝利騎手に輝き、いまや押しも押されもせぬトップジョッキーのひとりとして、日本競馬界を牽引する福永祐一。“福永洋一の息子”として、長年プレッシャーと戦いながら、ときに挫折を味わいつつも、決して自分自身と向き合うことを恐れなかった。まだまだ戦の途中ではあるが、有言実行を体現してきた彼には語り継ぐべきことがある。ジョッキー目線で語るレース回顧『ユーイチの眼』や最新の『喜怒哀楽』、さらには福永祐一のルーツに迫る『祐一History』など、盛りだくさんの内容でお届けするコラム。彼のバイタリティーのすべてがここに。

コラムニストプロフィール

福永祐一
福永祐一
1976年12月9日、滋賀県生まれ。1996年に北橋修二厩舎からデビュー。初日に2連勝を飾り、JRA賞最多勝利新人騎手に輝く。1999年、プリモディーネの桜花賞でGI初勝利。2005年、シーザリオで日米オークス優勝。2013年、JRA賞最多勝利騎手、最多賞金獲得騎手、初代MVJを獲得。2014年のドバイDFをジャスタウェイで優勝。

福永祐一『祐言実行』バックナンバー