スマートフォン版へ

惜しいけど獲れなかった大荒れレースの収穫とは?/函館記念

  • 2017年07月17日(月) 12時00分

(撮影:武田明彦)



 今週は重賞がひとつだけだったので、その『函館記念』の予想には時間をかけました。

「予想に時間をかければ的中に近づく」というのは幻想に過ぎないとは思いますが、それでも予想の過程で「何か」が見えてくることはあります。その積み重ねこそが予想力を向上させるのだとは信じたいものですけどね…。

 さて結果。3連単配当91万円台をつけた「5番人気⇒14番人気⇒7番人気」の3頭に打った私の印は▲△☆。一応印は打てています。ですが◎はいません。惜しいような惜しくないようなもどかしい決着。いったい何が正解で何が間違っていたというのでしょうか?

【検証ナンバー090】
サンプルレース名/2017年07月16日(日)函館11R・函館記念(GIII)芝2000m

【レース前状況】
 今週のメインも例年荒れる傾向にある夏のハンデ戦。昨年は3連単23万円台の配当でその3頭(マイネルミラノ・ケイティープライド・ツクバアズマオー)は今年もすべて出走。1番人気は『巴賞』1着サトノアレス(ルメール)。唯一の3歳馬だが

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

No.1予想家の大石川大二郎が、前週の荒れたレースを「どうすれば取れたか」という視点で徹底分析。さっそく今週のレースから使える教訓を伝授、「未来の馬券力」を上げちゃうコラムです!!

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング