スマートフォン版へ

函館2歳Sの好走条件

  • 2017年07月21日(金) 18時00分


◆タイムを上げる余地があるかどうかは個体差がある

 函館2歳Sは買うべき馬の条件というか、「より好ましい条件」がはっきりしているレース。未勝利組よりは新馬組のほうがよいし、1000m組よりは1200m組のほうがよい。転戦組はなかなか勝つところまでいかず、函館新馬組が優勢。また、逃げ切って勝った馬よりは2番手以降からの競馬で勝った馬のほうが好ましい。さらに関東馬よりは関西馬、着差をつけていない馬よりはつけてきた馬、といった条件もある。今年はすべてを満たす馬がいないのでどれかを妥協しなくてはならないが、より多く満たすほうがベターではある。

 人気はどうしても勝ち時計をベースに形成されるが、初戦から2戦目に向けてタイムを上げる余地があるかどうかは馬によって個体差がある。人気に反映されていたら、それ自体は馬券上のプラス要素とはならない。

 1分9秒台を持っているナンヨープランタンが上位人気を占めそうだ。当時の2,3着馬が勝ち上がっていることも信頼性を増している。母テキサスルビーは結果として年明けデビューになったが、2歳春には夏前半での活躍を期待されていた馬。この時期の適性はありそうだ。問題は位置取りで、前走の出足だと今回はかなり置かれる危険がある。内枠でもあり、さばけるかどうかが問題だ。そこをクリアできれば勝ち負けになるだろう。

 未勝利組ではカシアスが人気になりそう。前走の内容は函館2歳Sの練習台としては申し分のないもの。たださすがに時計的には上限まできているだろうし、昔と違って6週の函館なので中1週→中2週というしんどいローテになっている。状態はひとつのテーマだ。

 アリアも上位人気になりそうで、1200mを逃げずに勝ってきた点はプラス。ただダンツクレイオーの2戦目に出ていたメンバーを考えると、同馬に対してもっと着差をつけなければいけなかったような気もする。多少人気が先行しているかもしれない。

 モルトアレグロは扱いが悩ましい1頭。スパイツタウンの芝替わりはプラスではないだろうが、こなせなくはない。1200mも守備範囲だろう。ただダート組である程度人気というのは、このレースでは買いたくないパターンだ。馬そのものの能力はありそうなので怖いが、データで馬券を買う身としては避けておきたい。

 ベイビーキャズスズカマンサクあたりも外国人騎手人気である程度売れそう。ただ前者は1000m組で後者は逃げ切り。個人的にはギリ△かギリ無印かというところだ。

 転戦組は勝ちきれないことが多いものの複穴にはなる。ジェッシージェニーパッセはともに控える競馬をしてきているし、時計を詰める余地があったとしたら3着の可能性は十分。あくまで複穴ということで意識したい。

 函館組から穴馬を挙げるならデルマキセキ。前走は時計も着差も地味だが、好走パターンを比較的よく満たしている馬ではある。

【予想】須田鷹雄の勝負予想は『ウマい馬券』でチェック!
※PC・スマートフォンよりご覧ください

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1970年東京生まれ。競馬評論家、ギャンブル評論家。中学生時代にミスターシービーをきっかけとして競馬に興味を持ち、1990年・大学在学中に「競馬ダントツ読本」(宝島社)でライターとしてデビュー。以来、競馬やギャンブルに関する著述を各種媒体で行うほか、テレビ・ラジオ・イベントの構成・出演も手掛ける。競馬予想に期待値という概念を持ち込み回収率こそが大切という考え方を早くより提唱したほか、ペーバーオーナーゲーム(POG)の専門書をはじめて執筆・プロデュースし、ブームの先駆けとなった。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング