スマートフォン版へ

レパードSは今年3月以降の戦績と枠順がポイント

  • 2017年08月05日(土) 20時00分


 明日8月6日のWIN5は総出走頭数が66頭、総組み合わせ数が38万6100通り(土曜16時現在)。今回も総組み合わせ数はかなり少なめで、的中させやすい回と言えるでしょう。

 ちなみに、明日8月6日は対象5レースのうち3レースがハンデキャップ競走。別定ならびに定量のレースしかなかった前回7月30日とは対照的で、難解な印象を持っていらっしゃる方が多いかもしれません。確かに、前回までのWIN5対象レースを集計してみると、単勝1番人気馬が優勝したレースの割合は、ハンデキャップ競走が26.3%、その他のレースが31.1%。それなりに大きな差があります。

 ただし、2017年以降のWIN5対象レースに限ると、単勝1番人気馬が優勝したレースの割合は、ハンデキャップ競走が29.1%、その他のレースが28.0%。差が縮まるどころか、むしろ「ハンデキャップ競走の方が堅く収まりやすい」という結果になっていました。最近の流れを考えると、ハンデキャップ競走だからと言ってことさら穴馬を狙う必要はなさそうです。

◆小倉記念は臨戦過程に余裕のある実績馬が優勢

 1レース目は3歳以上オープン、ハンデキャップ競走のUHB賞(札幌11R)。近走成績の良いエポワスらが上位人気グループを形成するでしょう。

 2レース目は3歳以上GIII、ハンデキャップ競走の小倉記念(小倉11R)。土曜16時の時点ではストロングタイタンの支持がやや抜けており、サンマルティン、タツゴウゲキらが続いています。

 3レース目は3歳GIIIのレパードS(新潟11R)。こちらは土曜16時の時点だとエピカリスが断然の人気を集めていました。

 4レース目は3歳以上1000万下、ハンデキャップ競走の藻岩山特別(札幌12R)。比較の難しいメンバー構成で、上位人気勢の支持はやや割れるかもしれません。

 5レース目は新潟12R(3歳以上500万下)。こちらも比較の難しいメンバー構成ですが、降級初戦のサトノスピードオーあたりが人気の中心になりそうです。

[伊吹式WIN5ランキング 2017年08月06日版]

1位 新潟11R 12.ハルクンノテソーロ
2位 札幌11R 6.アドマイヤゴッド
3位 新潟12R 12.バナナボート
4位 札幌12R 10.トレクァルティスタ
5位 小倉11R 6.ベルーフ
【以上すべての馬を買うと1点買い】

6位 札幌11R 5.エポワス
7位 新潟12R 10.コンピレーション
8位 札幌12R 3.ナイトオブナイツ
9位 小倉11R 4.カフジプリンス
【以上すべての馬を買うと16点買い】

10位 新潟11R 6.スターストラック
11位 新潟11R 14.テンザワールド
12位 札幌11R 9.アルマワイオリ
13位 新潟12R 6.サトノスピードオー
【以上すべての馬を買うと108点買い】

14位 札幌12R 4.ブリガアルタ
15位 小倉11R 10.ストロングタイタン
16位 新潟11R 5.エピカリス
17位 新潟11R 15.タガノディグオ
18位 札幌11R 3.ヒルノデイバロー
19位 新潟12R 4.コントローラー
20位 新潟12R 5.ロックンルージュ
21位 札幌12R 1.クラウンディバイダ
【以上すべての馬を買うと1200点買い】

22位 札幌12R 7.オウケンブラック
23位 札幌12R 12.ウインクルサルーテ
24位 小倉11R 9.シャドウパーティー
25位 小倉11R 13.バンドワゴン
26位 小倉11R 11.ケイティープライド
【以上すべての馬を買うと3600点買い】

 2レース目の小倉記念(小倉11R)は年明け以降の戦績と臨戦過程がポイント。「“同年、かつJRAの重賞かオープン特別”において5着以内となった経験がない馬」は2014年以降[0-0-0-21]、「馬齢が5歳以上、かつ前走との間隔が中6週以内だった馬」は2014年以降[0-0-1-22]と、それぞれ苦戦していました。信頼できそうなのは昨年と一昨年の2着馬でもあるベルーフ。あとは血統的にこのコースが合いそうなカフジプリンスも面白い存在だと思います。

 3レース目のレパードS(新潟11R)もここ半年の実績を重視したい一戦。「“同年3月以降、かつJRA、かつ1000万下から上のクラスのレース”において3着以内となった経験がない馬」は2009年以降[0-1-3-63]と勝ち切れていません。また、同じく2009年以降の傾向を見ると、「前走が“JRAのレース”、かつ前走の着順が4着以下だった馬」は[1-1-0-39]、「枠番が1〜2枠だった馬」は[0-0-2-19]、「枠番が8枠だった馬」は[0-1-0-15]。今年の枠順やメンバー構成ならハルクンノテソーロあたりを重視すべきでしょう。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

競馬評論家。JRAの公式ホームページ内「今週の注目レース」にて“データ分析”のコーナーを、TCK(東京シティ競馬)の公式ホームページ内「分析レポート」にて重賞競走のデータ分析を担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。主な著作に『WIN5(五重勝)ほど儲かる馬券はない!! 少点数で驚愕配当をモノにする絶対的セオリー(競馬王新書)』(白夜書房)、『門外不出! 投票データから分かった! WIN5の鋭い買い方』(東邦出版)、『コース別 本当に儲かる騎手大全』ならびに『コース別 本当に儲かる血統大全』シリーズ(いずれもガイドワークス)など。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング