スマートフォン版へ

【小林智×藤岡佑介】第3回『スミヨン騎手に見る日本と世界の“基本的な馬乗り”の違い』

  • 2017年08月09日(水) 18時01分
with 佑

▲佑介騎手のフランス遠征時の恩師・小林智調教師との対談企画第3回


フランスで開業している小林智調教師。ヨーロッパが主戦場のホースマンとあって、騎手の技術面の違いで気づくことがあると言います。日本人トップクラスの武豊騎手や福永騎手も、世界の乗り方を意識しての変化を感じると、小林師。一方で、「クリストフ(ルメール)は乗り方が変わってきちゃったもんね」と、逆のパターンもあると言います。日本と世界の違いは、なぜ生まれるのでしょうか。(取材・構成:不破由妃子)


(前回のつづき)

根本的な原因はジョッキーの技術ではなく牧場での乗り方


佑介 この対談でも話題に上ったことがありますが、僕は常々、「世界を股にかけて活躍できる日本人の若手ジョッキーが出てくるはずだ」と思っているんです。僕らがデビューした頃に比べ、競馬学校のカリキュラム自体がレベルアップしていて、ここ数年の若手は、最初から本当に優れた技術を持っていますからね 。

小林 可能性は十分にあると思うよ。ただ、技術的な面でいうと、"基本的な馬乗り"が違うんだよね。フランス人は、掛かる馬に乗っても拳が浮かない。スミヨンとかそうでしょ?

佑介 ああ、そうですね。

小林 「どうしてなんだろう…」と、ずーっと考えていたんだけど、タナパクが今年気づいてね。ちなみに、角居先生も知ってた。実は、向こうの人って、乗馬の形のまま競走馬に乗るんだよね。つまり、拳が寝ない。

佑介 なるほど。それは確かに基本的な部分ですね。

小林 うん。拳を立てると肘が開かないでしょう。そうすると、自然と肘の位置が低くなって、肘からハミまで一直線になるから、引っ張ったときによりダイレクトに力が伝わる。

with 佑

▲拳を立てることの重要性をジェスチャーを交えて解説


佑介 確かに、拳を寝かせたまま引っ張ると、肘が開いてハミまで真っ直ぐにはなりませんよね。

小林 そうそう。だから、力がダイレクトに伝わらなくて、引っ張り切れずに拳が上がってしまう。その点、肘の位置が低いと、馬に引っ張られても小指のほうから引っ張られて、拳がキ甲に吸い付くんだよね。あと、もうひとつは

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

質問募集
with 佑 / 藤岡佑介
このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。あなたから
コラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。
質問フォームへ
with 佑とは
JRAジョッキーの藤岡佑介がホスト役となり、騎手仲間や調教師、厩舎スタッフなど、ホースマンの本音に斬り込む対談企画。関係者からの人望も厚い藤岡佑介が、毎月ゲストの素顔や新たな一面をグイグイ引き出し、“ここでしか読めない”深い競馬トークを繰り広げます。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1986年3月17日、滋賀県生まれ。父・健一はJRAの調教師、弟・康太もJRAジョッキーという競馬一家。2004年にデビュー。同期は川田将雅、吉田隼人、津村明秀ら。同年に35勝を挙げJRA賞最多勝利新人騎手を獲得。2005年、アズマサンダースで京都牝馬Sを勝利し重賞初制覇。2013年の長期フランス遠征で、海外初勝利を挙げた。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング