スマートフォン版へ

素質馬が集う2歳マイル重賞を制するのは?新潟2歳S有力馬の馬体解説!

  • 2017年08月23日(水) 18時00分

使いながらトモの筋肉が付いてきそうなテンクウ


 今週は2歳重賞の新潟2歳Sが行われます。今回はこのレースに出走を予定している馬のうち、写真がある馬について馬体解説を行いたいと思います。

飛節



【テンクウ】

 胴は詰まり気味ですが、ツナギに長さがあって角度も深めなので、距離はマイルくらいが合いそうです。飛節は直飛気味で、まだそれを動かし切れるだけの筋肉は付いていませんが、形としては悪くないと思います。今後使いながらトモの筋肉が付いてきそうで、そうなれば走る馬になってきそうです。ただ、現状でも悪くはないので、ここも好走できて良いでしょう。

【ムスコローソ】

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

中央競馬で全レースのパドック・返し馬を徹底観察。繋(つなぎ)や蹄、体型、骨量、筋肉の量・質、関節の柔軟性や、脚元、馬具などのデータを採取。そこから競走馬の能力、適性などに加え脚質も見抜き、馬券を組み立てる。パドック派にありがちな本命予想ではなく、複勝で10倍を超えるような穴馬を見つけるのが得意。

No.1予想にてパドック予想提供中!

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング