スマートフォン版へ

【悲願・凱旋門賞制覇へ】フォワ賞の敗戦から本番へ…C.ルメール騎手、池江泰寿調教師インタビュー

  • 2017年09月26日(火) 18時01分
海外競馬通信

▲フォワ賞でまさかの敗戦を喫したサトノダイヤモンド。本番へ向けてC.ルメール騎手、池江泰寿調教師にフォワ賞の事、現在の心境を聞いた(写真は2016年有馬記念、撮影:下野 雄規)


今週末、サトノダイヤモンドが凱旋門賞に出走する。昨年も渡仏プランはあったが、国内路線を選び菊花賞と有馬記念を制覇。グランプリホースとなった今年、いよいよ参戦する。とはいえ、前哨戦のフォワ賞は4着。ファンにとっては思わぬ惨敗だったが、陣営はこれをどう捉えているのだろうか。
(取材・文:大恵 陽子)



池江師「日本じゃ経験したことのない馬場だった」


 2017年9月10日。週中の雨で水分をたっぷりと含んだフォワ賞当日。日本でいうところの「重」発表の馬場はかなりタフなものだった。

 サトノダイヤモンドとサトノノブレス2頭を出走させた池江泰寿調教師は「日本じゃ経験したことがないような重たい馬場だった」と振り返る。

 レースは好スタートを決めたサトノダイヤモンドと僚馬サトノノブレスが1、2番手で進んだ。日本では中団前目でレースをすることの多いサトノノブレスが馬群を引っ張り、ゆったりとしたペースでレースは進んだ。

 サトノダイヤモンドに騎乗したクリストフ・ルメール騎手はこう話す。

「レース中、しっかり息が入ってリラックスしていました」

 日本に比べ超スローペースと言われるフランスの競馬で、折り合い面では十分に対応できる可能性をフォワ賞で見せた。少頭数のため

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

専属特派員による現地からの最新情報や、著名人によるレース展望・レポートなど、日本馬出走の海外ビッグレース情報をどこよりも詳しく、より早くお届けします。公開はプレミアムサービス限定となります。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング