スマートフォン版へ

ナイター過疎地

  • 2017年10月03日(火) 18時00分


◆貴重な収入源ともなるナイターの場外発売

 先週のこのコラムで取り上げた、園田競馬場での「高知のお米・ファーストキッス配布」では、そのお米配布のイベントとはまったく関係ないことではあるのだが、考えさせられることがあった。

 最終レース後、整理券を持ってお米をもらう列に並んでいるときに、ぼくの後ろに並んでいた地元ファンとちょっと話をした。

 曰く、「園田の開催が終わって、南関東のナイターを見ようと思ったら、DASH心斎橋に移動しないといけないんですよ」と。

 この日、南関東は浦和開催だったために、園田の最終レース終了後、浦和の場外発売はメインと最終レースを残すのみだったのだが

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1964年生まれ。グリーンチャンネル『地・中・海ケイバモード』解説。NAR公式サイト『ウェブハロン』、『優駿』、『週刊競馬ブック』等で記事を執筆。ドバイ、ブリーダーズC、シンガポール、香港などの国際レースにも毎年足を運ぶ。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング