スマートフォン版へ

【1年越しの復帰】三浦皇成騎手(4)『今の課題は…もうちょっとギラギラした感じを出すこと』

  • 2017年10月09日(月) 12時01分
おじゃ馬します!

▲今回が三浦騎手の最終回、「復帰して改めて見えてきた課題」とは?


復帰して2か月が経とうとしている三浦騎手。その間にJRA通算600勝を達成し、勝ち星は早くも二桁。騎手としての体と勝負師の感覚を、早くも取り戻しているようです。しかし、三浦騎手自身は「復帰して改めて見えてきた課題がある」と言います。それは…、三浦騎手らしさとも言える“ギラギラ感”。最終回の今回は、三浦騎手が“今”思っている胸の内を赤裸々に明かします。(取材:赤見千尋)


(前回のつづき)

しつこいようですが、本当にメンタルが強いですね!


赤見 「復帰して改めて課題が見えてきた」とのことですが、それは具体的にどんな部分ですか?

三浦 すごく冷静に騎乗できてはいるんですが、逆にちょっと冷静すぎるというか。なんていうのかな…、ギラギラした感じがまだちょっと足りないかなって思うところがあって。冷静に乗れてよかったなと思うレースがある一方で、もう少し攻めてもよかったんじゃないかとか、毎週毎週、いろんな反省点があります。

赤見 確かに“ギラギラ感”は、ひとつの皇成騎手らしさでもありますからね。

三浦 そうですよね。だから、そのあたりはもう少し強めていかなくては…とも思うんですが、まぁそこはバランスを取りながら。

赤見 フォームや追い方など、騎乗に関してはどうですか?

三浦 外から競馬を見ていろいろ勉強するなかで、「やっぱり自分はこういう乗り方をしたい」というイメージが明確になって、以前よりベースとなる意識は高く持てている実感はありますが、それでも実際に乗っている感覚と、レース後に確認する映像のなかの自分には、まだすごくギャップがあります。だから今は、レースでも調教でも1鞍1鞍乗り方を変えたりして、少しでもイメージに近づけるように模索中です。

赤見 ちょっと意地悪な質問かもしれませんが、馬に乗ることに対する“怖さ”はありませんか?

おじゃ馬します!

▲ちょっと意地悪な質問も…「馬に乗ることに対する“怖さ”はありませんか?」


三浦 怖いですよ。レースでも調教でも馬から下りたときに、「俺、とんでもない乗り物に乗って、とんでもないスピードで走ってるんだな」と思います。でも、いざ馬に乗ってしまうと、自然とそういう気持ちって消えてなくなるんですよね。

赤見 そこがやっぱりプロですね〜。それにしても、デビューの年からものすごく注目を浴びて、ずっと走り続けてこられて。そんななか、ポンと1年間、勝負の世界から退くことになり、そこから見事に復活されたわけですが、ここまでのジョッキー人生を振り返ってみていかがですか?

三浦 人が何十年とかけて経験するようなことを一気に経験したような…(苦笑)。ただ、毎週毎週“競馬”というサイクルのなかにいると、マンネリ化してしまうというか、どうしても大事なことを忘れがちになります。だから、この1年間という期間は、いい意味でもう一度自分を見つめ直せた期間であって、むしろ「与えてもらった1年間」だと思っています。それは、復帰した今だから思うのではなく、休んでいるあいだからずっと思っていたことです。逆に、2、3カ月の休みだったら、気付けなかったこともあっただろうなって。

赤見 しつこいようですが、本当にメンタルが強いですね!

三浦 そんなに強くないですよ。考えすぎると、夜眠れなくなっちゃいますからね(笑)。

赤見 いやいや、見事なまでに乗り越えられて。お話しているだけで、心身ともに充実されているのが伝わってきます。

三浦 1年前の自分を思うと、今、こんな楽しんでいることが申し訳ないくらいですけど、まぁ苦しんだのも自分ですから、そこは思う存分楽しんでもいいのかなって。休んでいるあいだは、競馬で上手く乗れなくて凹むこともなく、そういう意味ではストレスフリーだったので、今はそのぶん、勝負の世界に戻ってきたことを実感しています。

おじゃ馬します!

▲「1年前の自分を思うと、今、こんな楽しんでいることが申し訳ない」と、今の充実ぶりを語る三浦騎手


赤見 では最後に、今後の目標を聞かせてください。

三浦 それはもう、常にトップクラスに居続けられるジョッキーになることです。トップを目指すのであれば、必然的にGIを勝てる騎手にならなければいけない。常にGIに乗っている騎手でありたいし、今はとにかくそこを目指しています。戻ってきた以上は、トップジョッキーの方たちと張り合っていかなければいけないわけですし、今はそれがモチベーションですね。

赤見 ぜひGI制覇を! その瞬間を待ち望んでおります。

三浦 はい、頑張ります。

赤見 私、皇成騎手の叩き合いのシーンが本当に好きなんですよ。「行けー!!!」って、ものすごく力が入る(笑)。

三浦 ありがとうございます。そう言っていただけるのは嬉しいです。また熱くなってもらえるように、もうちょいギラギラするんで(笑)。ファンのみなさん、今後とも応援よろしくお願いします!

(了)

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

東奈緒美 1983年1月2日生まれ、三重県出身。タレントとして関西圏を中心にテレビやCMで活躍中。グリーンチャンネル「トレセンリポート」のレギュラーリポーターを務めたことで、競馬に興味を抱き、また多くの競馬関係者との交流を深めている。

赤見千尋 1978年2月2日生まれ、群馬県出身。98年10月に公営高崎競馬の騎手としてデビュー。以来、高崎競馬廃止の05年1月まで騎乗を続けた。通算成績は2033戦91勝。引退後は、グリーンチャンネル「トレセンTIME」の美浦リポーターを担当したほか、KBS京都「競馬展望プラス」MC、秋田書店「プレイコミック」で連載した「優駿の門・ASUMI」の原作を手掛けるなど幅広く活躍。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング