スマートフォン版へ

「僕が悪い」─今年三度目の騎乗停止処分を受けて

  • 2017年10月10日(火) 18時01分
今年、三度目となる騎乗停止──。10月7日・東京11R・サウジアラビアRC(ボウルズ10着)で、開催6日間の騎乗停止処分を受けてしまった小牧騎手。さすがに心が折れてしまったのでは…と心配になりましたが、「僕が悪い。受け止めるしかない」とキッパリ。3日間開催を終えた現在の心境を語ってくれました。(取材・文/不破由妃子)

※バースデー企画の続編は、来週以降に掲載させていただきます。

前に乗っ掛かりそうで、咄嗟に逃げてしまった


──今年三度目の騎乗停止となってしまいました。累積とはいえ、今回のケースで開催6日間は重いような…。

小牧 多少、不運なところはあったけど…、もうなってしまったものはしょうがない。なんせ江田くんの馬(メルムサール16着)は躓いてしまっているからね。それに、実際動いたのは僕。動いたというか、逃げたんですわ。引っ掛かってどうしようもなかったとはいえ、動いた自覚は当然あるから。

──スタートしてすぐの時点から、今にも前の馬に乗っ掛かりそうでしたよね。ヒヤヒヤしました。

小牧 そう、乗っ掛かりそうやったし、脚がぶつかりでもしたら大変なことになるから、咄嗟に逃げてしまった。その結果、江田くんの馬が躓いたわけだから、僕が悪い。

──小牧さんにしてみれば、危険回避の動きだったわけですよね。たしかに他馬に被害は及びましたが、一方で、馬に囲まれているなかでどうしようもなかったんだろうなと。

小牧 まぁそうやね。でも、さっきも言ったけど、動いたのは間違いなく僕やから、裁決に呼ばれたときも何も言わなかったです。そのまま受け止めて。

──夏の騎乗停止にしても今回にしても、小牧さんがご自身の非を認めて、反省されているのは十分にわかっています。でもなんというか、あまりにも流れが…。

小牧 悪いよね。こんなこともあるんやなぁなんて思いながら。反省するのは当たり前やけど、お参りにも行かなアカンかなと思ってる。

──もしかしたら、また福岡に行くとおっしゃるかと思っていました。

小牧 いや、今は何も考えてない。年齢も年齢やから、とりあえずこの間も身体が衰えんようにね、いつも以上にトレーニングを積んでいこうと思ってるけど。休みに慣れたらアカンからね。

──非を認めているにせよ、今回はさすがに心が折れてしまったのではないかと心配でした。

小牧 そりゃあね、自分で招いた結果とはいえ、ショックやったよ。それこそ、「もう辞めたろうかな」とか思ったりして(苦笑)。でも、開催が終わって、ゆっくりご飯を食べながら考えたら、なんか吹っ切れたわ。口ではいろいろ言っていても、本心では辞めようなんてまったく思ってないことは、自分が一番よく知ってるからね。

──それを聞いて安心しました。そういえば、久々に騎乗された京都大賞典のヒットザターゲット(7着)は、6番枠からベストのラチ沿いに潜り込み、直線は一瞬、抜けてくるかの勢いがありましたね。枠順や展開など条件が付くにせよ、まだまだやれるのではないかと。

小牧 いやぁ、あれもね、僕のミスや。

──そうなんですか?

小牧 結果論やけど、スマートレイアーが通った道をなんで行かんかったんやろうと思って。あの馬、内を突かなアカンのに、なんで直線に向いたとき、外目に出してしまったんやろうって…。あそこで内を選んでいれば、もっと際どいレースができたはずや。あれはもう、僕のミスですわ。アカンねぇ…。

──なるほど。あえて馬と馬のあいだを狙ったのかと思っていました。

小牧 馬のあいだを抜けてきたこともあったけど、やっぱりあの馬は内を突くのがベストやね。いやぁ、京都大賞典は本当に残念やったわ。内目の枠が当たって、道中もラチ沿いが取れて、直線の手応えもすごく良かったのに…。馬に悪いことをしてしまったね。騎乗停止と同じくらい、自分にショックやったわ。

──そうだったんですねぇ。では、今週末から3週間のお休みとなってしまいますが、最後に改めてファンにメッセージを。土曜日以降、厳しいご意見とともに、「小牧騎手、大丈夫ですか?」という心配の声もたくさん届いています。

小牧 関係者の皆さん、ファンの皆さん、この度はご迷惑をお掛けして申し訳ありませんでした。心配してくださっているファンの皆さん、本当にありがとう。少しでも期待に応えられるように、また新たな気持ちで頑張っていきたいと思っていますので、引き続き、小牧太をよろしくお願いします。
質問募集
太論 / 小牧太
このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。あなたから
コラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。
質問フォームへ

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1967年9月7日、鹿児島県生まれ。1985年に公営・園田競馬でデビュー。名伯楽・曾和直榮調教師の元で腕を磨き、10度の兵庫リーディングと2度の全国リーディングを獲得。2004年にJRAに移籍。2008年には桜花賞をレジネッタで制し悲願のGI制覇を遂げた。その後もローズキングダムとのコンビで朝日杯FSを制するなど、今や大舞台には欠かせないジョッキーとして活躍中。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング