スマートフォン版へ

【ユーイチの視点】京都大賞典&南部杯回顧『ユタカさんの我慢勝ち 7歳牝馬スマートレイアーの鮮やかな勝利』

  • 2017年10月13日(金) 18時01分
祐言実行

▲「ユタカさんの我慢勝ち」スマートレイアーの京都大賞典勝利を振り返る (C)netkeiba.com


今回のような極端な競馬が合うのかもしれない


 京都大賞典は、7歳牝馬スマートレイアーの鮮やかな勝利。ユタカさんの腹をくくった騎乗も実に見応えがあった。

 確固たる逃げ馬が不在のなか、まっ先に飛び出して行ったラストインパクトに陣営の強い意志を感じた。いつもはスタートがもうひとつのミッキーロケット(3枠5番・4着)もうまく出たが、内の馬があまり速くなかったことで、右斜め前に少しヨレながらのスタートとなった。右隣に馬がいないことでそちらに流れてしまうことはよくあるケースだが、今回、それによってポジションが悪くなったのが、内にいたスマートレイアー(3枠4番)とシュヴァルグラン(2枠3番)。ユタカさんのコメントにもあったが、本来ならスローを見越して前目のポジションを狙っていたと思うし、少なくとも良いパターンではなかったはずだ。

 しかし、今回の舞台は開幕週の京都の外回り。スローペースのなか、後方から外を回していては絶対に届かない。誰よりもそういった傾向を熟知しているユタカさんだけに、腹をくくって内でひたすら脚をタメる競馬に切り替えたのだろう。結果、直線もそのまま最内を突き、前にいたヒットザターゲット(7着)が外目に進路を取ったことから、上手い具合に進路が開いた。このあたりは紙一重だが、結果的にはユタカさんの我慢勝ち。それにしてもスマートレイアーという馬は、7歳にして大した牝馬だ。いまだあんなに切れる脚が使えるということは、ひょっとしたら今回のような極端な競馬が合うのかもしれないとさえ感じた。

 スマートレイアーについては、4番人気という立ち位置も、ユタカさんが腹をくくれた一因だったと想像するが、一方でそうはいかなかったのが1番人気シュヴァルグラン。もともとスタートが速い馬ではないが、今回はミッキーロケットに寄られたこともあって、さらにポジションが悪くなってしまった。

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

質問募集
祐言実行 / 福永祐一
このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。あなたから
コラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。
質問フォームへ
祐言実行とは
2013年にJRA賞最多勝利騎手に輝き、日本競馬界を牽引する福永祐一。まだまだ戦の途中ではあるが、有言実行を体現してきた彼には語り継ぐべきことがある。ジョッキー目線のレース回顧『ユーイチの眼』や『今月の喜怒哀楽』『ユーザー質問』など、盛りだくさんの内容をお届け。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1976年12月9日、滋賀県生まれ。1996年に北橋修二厩舎からデビュー。初日に2連勝を飾り、JRA賞最多勝利新人騎手に輝く。1999年、プリモディーネの桜花賞でGI初勝利。2005年、シーザリオで日米オークス優勝。2013年、JRA賞最多勝利騎手、最多賞金獲得騎手、初代MVJを獲得。2014年のドバイDFをジャスタウェイで優勝。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング