スマートフォン版へ

ソウルスターリング&レイデオロ、異例ローテの真相とは――藤沢和雄調教師に迫る

  • 2017年10月25日(水) 18時01分
藤沢和雄

▲異例のローテーションを歩む思惑とは。トップトレーナー・藤沢和雄の頭脳に迫る (c)netkeiba.com


オークスを制したソウルスターリング、日本ダービーを制したレイデオロ――3歳春の頂点に立った藤沢和雄厩舎の2頭。しかし、ともに3歳最後の一冠には臨まず、ソウルスターリングは天皇賞・秋、レイデオロはジャパンCを秋の目標に据え、トップクラスの古馬との対決に臨むこととなった。異例のローテーションを歩む思惑は、そしてトップクラスの古馬との対決に向かう意気込みは、自信は……トップトレーナー・藤沢和雄の頭脳に迫った。(取材・文:netkeiba.com編集部)


「大きくてフェアなコース。そういう舞台で走らせたい」


――ダービー馬(レイデオロ)とオークス馬(ソウルスターリング)の秋初戦は明暗を分ける結果になりました。まずはレイデオロの神戸新聞杯を振り返っていただきたいと思います。

「上手な競馬をしたよね。好位で冷静に走れていたし、秋の始動戦としては言うことなしのレースだったと思いますよ」

――馬体重はダービー(480キロ)との比較で4キロ減の476キロでした。

「馬体重が減ったのは阪神までの輸送もあったからね。こっち(美浦)にいたときは10キロほど増えていたし、背丈も伸びて心身ともに大人になってきた。当然、ひと夏を越したぶんの成長はあると思いますよ」

レイデオロ

▲神戸新聞杯を制したレイデオロ。「秋の始動戦としては言うことなしのレース」 (c)netkeiba.com


――その一方、ソウルスターリングの毎日王冠(8着)は不本意な競馬になってしまいましたが…。

「そうだね。目眩がしたよ(苦笑)。あんな展開になるとは想定していなかったけど、スタートの出方が悪かったこともあるし、最内枠で外の馬と併せる形になったぶん、ガンとなってしまった感じ。今までにない競馬だったし、馬にとってもリズムが違ったんじゃないかな。ちょっとイレ込んでいたところもあったし、しょうがない。上がりの速い脚がないぶん、1800mの瞬発力勝負にも対応できなかった。もう少し長い距離のほうが良さそうな感じはあったよね」

レイデオロ

▲オークスを制したソウルスターリング。毎日王冠は不本意な結果に…(撮影:下野雄規、(c)netkeiba.com)


――レイデオロはジャパンCへ。ソウルスターリングは天皇賞・秋に向かうことになりました。どちらも3歳馬同士の菊花賞や秋華賞ではなく、古馬相手のGIをターゲットにされた理由を教えて下さい。

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

有名予想家・ライターによるGIスペシャルコラムや、有力馬密着レポート、1週前からの調教レポートなど、GIレースの攻略情報をどこよりも詳しく、より濃密にお届けします。公開はプレミアムサービス限定となります。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング