スマートフォン版へ

騎手のミス?馬の癖? オーストラリアの裁決事情

  • 2017年11月23日(木) 18時01分


日本なら開催するレベルの雨でも中止に


 netkeibaをご覧のみなさん、こんにちは。小崎綾也です。

 ここ最近は日差しが強く暑くなってきました。9月、10月と全然雨が降らなかった影響か、11月は時々天候が崩れる日もあります。日本も今年の秋は競馬開催日に天候が崩れる日が多いみたいですね。

 さて、僕の騎乗のお話です。先々週は2鞍に騎乗し、そのうちの1つは初めての競馬場でした。僕が住んでいるローズヒルから車で2時間半〜3時間かかるところにあるBathurst競馬場で、田舎にあるということもあり、閑静な競馬場です。小さいスタンドが1つだけと規模は小さい競馬場ですが、コース自体は一周1600mで直線380m、また向正面から1400mのスタートができるぐらいスケールがあります。

up to ME!

up to ME!

 ただ芝の状態はもうひとつ。使われたことによる悪化ではなく、手入れが行き届いていない感じの荒れ方です。メトロポリタンの大きな競馬場(Rosehill、 Randwickなど)は普段からしっかりと管理されているので、開催で使われていてもいい状態を保っています。Bathurst競馬場など、芝の生育や状態が良くない競馬場で乗ると、あらためて日本の馬場管理の素晴らしさを感じます。

 僕がBathurst競馬場で騎乗した馬はBombitoという馬で、オーナーはなんと、クリス・ウォーラー厩舎で一緒に働いているスタッフ! オーストラリアは日本とは異なり、いろいろな人たちが馬を所有することができ、今回のようなパターンのほか、オーストラリアでポピュラーな共有馬主などの形態があります。

 オーストラリアは日本のようにオーナーになるのが難しくないようで、オーナーである厩舎スタッフもまだ20代。僕からすると、普段は仲のいい普通の友達です(笑)。 友達の馬にレースで騎乗するというのは僕にはない経験なので、すごく楽しみにしていました

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1995年5月13日、滋賀県生まれ。父・小崎憲はJRAの調教師。同期は松若風馬、石川裕紀人ら。2014年に栗東・村山明厩舎所属でデビュー(現在はフリー)。同年2月、調教中の怪我で同期よりデビューが1か月遅れたが、騎乗初日に父の管理馬で初勝利を挙げ、1年目は38勝を挙げる活躍を見せた。デビュー4年目の2017年、長期海外武者修行を決意。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング