スマートフォン版へ

先週の競馬、そしてチャンピオンズC

  • 2017年12月01日(金) 12時00分


◆魅力を感じるのはJBC組の上位2頭

 ジャパンカップ、いいレースですね。

 注目を集め1番人気に支持されたキタサンブラックは3着と敗れはしましたが、昨年同様にハナをきっての内容。潔さとゴール手前まで接戦を演じた姿には、改めて力を感じるものでした。

 と同時に、先週のコラムでも書きましたが、過去を振り返っても1番問われるのは3戦目の在り方。陣営としても有馬記念に向けて余力を残しつつの形で挑んでいるようにも思え、それを考えても、素晴しい走り&ラストランが楽しみになりました。

 一方勝利をしたシュヴァルグランは、成長と昨年を振り返ってチェンジをしてきた臨戦過程、そして内枠を最大限にいかしてのボウマン騎手の騎乗と、全てが合致しての勝利だったと思えます。それだけにこれは中身の濃い、価値ある勝利。素晴しいなぁ〜と思いました。

 また2着となったレイデオロにおいては、改めてこの馬のポテンシャルの高さを見せ付けられ、来年はこの馬が中心格となっていく気さえしました。

 今回においては、スタート後に挟まれる形となり後手を踏んだことに加え、道中も少しリキミも。戦歴の浅さを考えても、ここまでやれる姿には、これまた素晴しいの一言。

 上位3頭、それぞれに楽しみや今後の期待がもてる1戦となっただけに、レース後の余韻も楽しめるレースだったように感じます。

 さて今週は中京でのG1・チャンピオンズカップとなります。

 今回は多彩なメンバーというか、一長一短というか、それぞれに課題があるというか…予想する上でも難しい1戦となりそう。

 近走の内容から魅力を感じるのはJBC組の上位2頭サウンドトゥルーとケイティブレイブ。ケイティブレイブにおいては前回、これまでとは違う形の競馬ができた点が大きく、どんな展開にも対応できる自信になった気がします。

 また状態においても担当の北谷助手は、「前回が凄く良いデキにあり、その状態と気持ちのキープができている」とのこと。

 脚質の幅が広がったという意味でも、どんな競馬をし、どの形がこの馬にとってベストなのか?図る上でも個人的には注目の1頭です。

 ただ正直、枠がでた際には内枠すぎるゆえ、馬込みにはいった時にどうなるのか?など心配材料もでてきたこともあり、予想の印はもう少し考えます…。

 それでは皆さん週末は競馬場でお逢いしましょう。ホソジュンでしたぁ。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

愛知県蒲郡市出身。JRA初の女性騎手として96年にデビュー。その後2000年にはシンガポールにて日本人女性初の海外勝利。2001年6月引退。通算成績493戦14勝。海外2勝。 現在はホース・コラボレーターとしてTV、ラジオ出演の他、文芸ポストにおいて短編小説「ストレイチャイルド」発表するなど、幅広い活躍を見せている。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング