スマートフォン版へ

重賞勝利はめでたいが……

  • 2017年12月05日(火) 18時00分


◆佐賀の重賞設定は今すぐにでも見直す必要がある

 11月22日の浦和で、約7カ月にも渡って行われたヤングジョッキーズシリーズ(YJS)・トライアルラウンドが終了。12月27日に大井で、そして28日に中山で行われるファイナルラウンドの出場騎手、中央・地方各7名ずつ計14名が決まった。

 今の若手騎手は、中央・地方問わず積極的に外に出て行くのが当り前になって、たとえば小崎綾也騎手などは、YJSの自身の出場ラウンドが終わった直後の9月からオーストラリアで騎乗している。YJSファイナルに出場が決まっているので、おそらくそれまでには一旦帰国するのだろう。

 残念ながらファイナル進出はならなかったものの、船橋の岡村健司騎手も最後の浦和ラウンド終了後、12月2日から佐賀で期間限定騎乗を始めている。昨年4月にデビューした岡村騎手は、その年の9月から今年5月までにも佐賀で期間限定騎乗を行っており、その間に38勝と大きく勝ち星を伸ばした。そしてYJSが終了して、もう一度佐賀で経験を積もうということなのだろう。

 その2度目となる佐賀での期間限定騎乗の初日、岡村騎手はいきなり重賞の師走賞で単勝1.6倍という断然人気のキタサンシリーズに騎乗し、見事勝利に導いた。

 この重賞勝ちには幸運もあった。

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1964年生まれ。グリーンチャンネル『地・中・海ケイバモード』解説。NAR公式サイト『ウェブハロン』、『優駿』、『週刊競馬ブック』等で記事を執筆。ドバイ、ブリーダーズC、シンガポール、香港などの国際レースにも毎年足を運ぶ。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング