スマートフォン版へ

【トウカイテイオー】「日本競馬の常識を覆す奇跡の復活」93年有馬記念

  • 2017年12月11日(月) 18時00分
■いまでも語り継がれている劇的な有馬記念


 有馬記念の思い出の中には劇的な勝利あるいは奇跡の復活といったものも多くあります。トウカイテイオーが勝った1993年の有馬記念もその内の一つでありました。

 この年はGIホースが8頭出走という豪華なメンバーの中トウカイテイオーは、人気を裏切ってしまった前年の有馬記念以来の出走ということで4番人気に留まっておりました。人気の中心は菊花賞を5馬身差で圧勝し、ファン人気投票で1位だったビワハヤヒデ、前走でジャパンCを制した前年有馬記念2着のレガシーワールドでした。

 それらの強豪に立ち向かったトウカイテイオーが奇跡の勝利を演じた1993年有馬記念のレース映像をご覧ください。

■ナレーション
長岡一也
ラジオたんぱアナウンサー時代は、日本ダービーの実況を16年間担当。また、プロ野球実況中継などスポーツアナとして従事。熱狂的な阪神タイガースファンとしても知られる。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

当時の映像で、ターフを彩ってきた伝説の名馬たち「LEGEND」の物語を紡いでいきます。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング