スマートフォン版へ

ロードカナロア+Nureyevの成功パターンに合致するスカイブルーダイヤ

  • 2017年12月13日(水) 12時00分
●アロングショット(牡 美浦・手塚貴久 父キンシャサノキセキ、母トップオブドーラ)
 ユニコーンS(GIII)とマーチS(GIII)で3着となったアルタイル(父カネヒキリ)の半弟。本馬の父キンシャサノキセキとアルタイルの父カネヒキリはいずれもフジキセキの息子なので、厳密にいえば両者は4分の3兄弟の関係となる。母トップオブドーラはアメリカ生まれの外国産馬で、現役時代にダ1000mばかり3勝を挙げた。アルタイルの父カネヒキリはこれまで平地で挙げた全108勝がすべてダートでのもの、という極端な偏りを見せるダート種牡馬。一方のキンシャサノキセキは、カネヒキリほどではないとはいえ、芝とダートを連対率ベースで比べてみると、13.9%対19.1%でダートのほうが優れている。おそらく本馬もダート向きの競走馬になるだろう。距離は1200〜1400mがベストで、ブルミラコロのイメージだ。

●キンショーヘニー(牡 栗東・中村均 父ヘニーヒューズ、母ビーチフラッグ)
 母ビーチフラッグは、バイオレットS(OP・ダ1400m)、マーガレットS(OP・芝1400m)を勝ったほか、グランシャリオC(GIII・ダ1600m)、かきつばた記念(GIII・ダ1400m)で2着となっている。繁殖牝馬としてもコンスタントに活躍馬を出しており、これまでに送り出した10頭の産駒のうち9頭が勝ち上がっている。そのなかにはノースショアビーチ(父キングカメハメハ/14年ジャパンダートダービー-Jpn1・4着)、ビーチアイドル(父ファルブラヴ/07年ファンタジーS-GIII・4着)が含まれている。本馬の父はヘニーヒューズ。日本で種付けをして誕生した子が今年デビューし、中央と地方を合わせたファーストシーズンサイアーランキングでロードカナロアに次ぐ第2位となっている。中央で20勝、地方で14勝という成績は優秀で、代表産駒のドンフォルティスは北海道2歳優駿(Jpn3)を勝った。本馬は母方にMr.ProspectorとDanzigを併せ持つヘニーヒューズ産駒なので配合の骨格がモーニン(16年フェブラリーS-GI、16年根岸SーGIII)と似ている。ダート向きのマイラー。

●スカイブルーダイヤ(牝 栗東・池添学 父ロードカナロア、母テイラーバートン)
 母テイラーバートンはフェアリーS(GIII)とクイーンC(GIII)でいずれも3着となったマイラー。その全兄にタスカータソルテ(08年札幌記念-GIIなど重賞3勝)、半姉にジェミードレス(02年府中牝馬S-GIII・2着)、近親にネオヴァンドーム(10年きさらぎ賞-GIII)がいる。母方にNureyevを持つロードカナロア産駒は現時点で[5-5-1-5]という成績で、勝率31.3%、連対率62.5%、複勝率68.8%という抜群の成績。本馬と同じくサンデーサイレンスを持たない同配合は[1-2-0-1]で、勝率25.0%、連対率75.0%、複勝率75.0%と大きな変化は見られない。芝向きのマイラーとして期待できそうだ。

●ソルファ(牝 美浦・高柳瑞樹 父ロードカナロア、母レディバラード)
 半兄にダノンバラード(13年アメリカJCC-GII、10年ラジオNIKKEI杯2歳S-GIII)、ロードアリエス(08年京都新聞杯-GII・2着)などがいる。母レディバラードは現役時代にクイーン賞(GIII・ダ1800m)とTCK女王盃(GIII・ダ2000m)を勝った。しかし、それ以上に価値が高いのは血統。2代母Angelic SongはGlorious Song(米古牝馬チャンピオン)、Devil's Bag(米2歳牡馬チャンピオン)の全妹、Saint Ballado(G3レース2勝で種牡馬として成功)の全姉にあたる超良血。本馬の父はロードカナロア。現2歳の初年度産駒は先週終了時点で32勝。ファーストシーズンサイアーの歴代勝利数記録では、ディープインパクトの41勝(10年)には及ばないものの、すでにダイワメジャーの31勝(11年)、サンデーサイレンスの30勝(94年)を上回っている。いずれリーディングサイアーを争う種牡馬になることは確実だ。本馬の4分の3同血ロードダヴィンチ(父ロードカナロア、母レディアーティストはレディバラードの娘)は現在[0-2-0-0]なのでいずれ勝ち上がるのは確実。本馬もそれなりの資質を備えているだろう。芝向きのマイラー。

●レジスタ(牡 美浦・小島太 父キングカメハメハ、母チューニー)
 母チューニーは現役時代にクイーンC(GIII)を勝ち、オークス(GI)でも2着と健闘した。繁殖牝馬としてはトロワボヌール(父バゴ/14、16年クイーン賞-Jpn3、15年スパーキングレディーカップ-Jpn3)、フジマサエンペラー(父シンボリクリスエス/11年東京スポーツ杯2歳S-GIII・2着)を出している。本馬の父はキングカメハメハ。これまで交配してきた種牡馬よりもはるかに格が高いので期待できる。母方にサンデーサイレンスとSeattle Slewを併せ持つキングカメハメハ産駒にはダノンリバティ(15年シリウスSーGIII・2着、15年レパードSーGIII・2着、16年関屋記念ーGIII・2着)などがいる。芝ダート兼用の中距離タイプ。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

68年生まれ。血統専門誌『週刊競馬通信』の編集長を務めたあと97年からフリー。現在は血統関係を中心に雑誌・ネットで執筆活動を展開中。 関連サイト:栗山求の血統BLOG

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング