スマートフォン版へ

今年は順当決着の可能性が高いはず!/朝日杯フューチュリティS

  • 2017年12月13日(水) 18時00分

■朝日杯フューチュリティS(G1・阪神芝1600m外)フルゲート18頭/登録18頭


【特注データ】〜レースデータより〜



 朝日杯FSの参考レース(集計条件はレースデータの項目をご参照ください)について調べると、目立っているのが「デカ馬」の活躍。馬体重500キロ以上と、雄大な馬格を有する馬の成績が非常にいいのである。掲載したデータは、前走馬体重をベースに成績を集計したもの。前走馬体重500キロ以上馬が、信頼度の高さだけでなく、回収率の高さも「破格」であるのが、見てとれるはずだ。

 このままでも十分に「買い」といえる内容だが、さらに前走5番人気以内に限ると、その成績はトータル[7-4-6-26]で連対率25.6%、複勝率39.5%にまでアップ。単勝適正回収値が154.7、複勝回収率が247と、回収率ベースの数値もきわめて優秀だ。今年の朝日杯FS登録馬では、タワーオブロンドンとファストアプローチがこの条件をクリア。美浦・藤沢和厩舎が送り込む2頭から、目が離せない一戦となりそうである。

【コース総論】阪神芝1600m外 Aコース使用

※今回は「Aコース18頭立て」に限定したデータを掲載しています。

・コースの要所!

★人気サイドよりもやや人気薄のほうが好調。中穴狙いが功を奏しそう。
★枠番の内外は問わず。外枠に入っても評価を割り引く必要はないはず。
★差し優勢のコースで末脚のキレは非常に重要。1着固定なら差し馬狙い。





 先週の阪神ジュベナイルFに続いて、今週も阪神芝1600m外でG1が行われる。まったく同じデータを載せても面白味がないので、今回はAコース、かつフルゲート18頭で行われたレースに限定して、データ集計を行っている。コース全体についての「通常の」分析結果については、先週の内容をご参照いただきたい。

 まずは人気別成績だが、1番人気など人気サイドの信頼度は並程度か、やや低めという印象。対照的に好調なのが、4〜6番人気や7〜9番人気といった中穴ゾーンで、狙ってみる価値は十分にありそうだ。10〜12番人気の内容も悪くはないが、13番人気以下になるとさすがに手が出しづらい内容に。やはり、中穴狙いのスタンスがもっとも効率がいい。

 次に枠番データだが、こちらはほぼフラット。信頼度、回収率から枠番値に至るまで、ほとんど横並びといっても過言ではない。もちろん、馬の脚質によって内のほうがいい、外のほうがベターといった差は出てくるだろうが、基本的には枠の内外を気にする必要ナシのコース。外枠に入ったからといって、評価を割り引く必要はない。

 最後に脚質だが、こちらはハッキリと差し優勢。勝率、連対率、複勝率のいずれも中団待機組がトップで、単勝適正回収値もぶっちぎりの高さという優秀な内容だ。上がり3F順位の上位馬も好成績で、末脚のキレ味はかなり重要なファクターとなるはず。重賞では、このデータよりもさらに差し優勢になると考えたほうがいい。

【レース総論】朝日杯フューチュリティS(G1)

※阪神芝1600m外での「牝馬限定戦とハンデ戦以外の重賞」を集計しています。

・レースの要所!

★レースデータと同じく中穴ゾーンが好成績。回収率の高さも目立つ。
★枠番はコースデータ重視。脚質はコースデータよりも先行勢が優勢。
★同距離である前走芝1600m組や芝1800mからの距離短縮組が好成績。
★信頼できるのは前走の着順ではなく人気。前走4人気以内馬に注目。








 阪神に舞台を移して、今年で4年目となる朝日FS。過去3年分のデータを分析しても何の意味もないので、今回は「阪神芝1600m外で行われた牝馬限定戦とハンデ戦以外の重賞」合計20レースを分析の対象とした。あまりアテにはならないデータだが、それでも予想する上での指針とはなりうるはずである。

 参考レースの平均配当は、単勝1235円、馬連1万2237円、3連複2万9176円と、かなり高めの水準。実際に、阪神に移ってからの朝日杯FSも、波乱傾向は非常に強い。1番人気の信頼度は[6-3-2-9]で連対率45.0%、複勝率55.0%と強調できるものではなく、コースデータと同様に4〜6番人気や7〜9番人気など、中穴ゾーンの強さが目立っている。

 次に枠番データだが、少頭数で行われたレースが含まれるモノなので、あまりアテにしないほうがいいはず。とはいえ、平均人気がもっとも低い外枠が、もっとも高い勝率をマークするなど、やはり枠番は不問。コースデータの項目で述べたように、枠番の内外を気にする必要はなさそうである。

 ただし、脚質面はコースデータと大違い。20レースのうち16レースで先行勢が勝つなど、先行馬のほうが強いのである。信頼度の差は歴然で、これに関してはコースデータよりも、レースデータを重視したほうがいいはず。上がり3F順位の上位馬は相変わらず強いが、それでもマークすべきは、中団待機組ではなく先行勢だろう。

 前走距離別成績では、前走でも芝1600m戦に使われていた組と、芝1800mからの距離短縮組が好成績。逆にイマイチなのが芝1400mからの距離延長組で、こちらは信頼度だけでなく、回収率ベースの数値も低いので注意が必要だ。京王杯2歳Sを圧勝したタワーオブロンドンや、もみじSを制したダノンスマッシュの扱いは、けっこう難しい。

 そして最後に、前走人気&前走着順別でのデータをご覧いただきたい。似たような方向性のデータながら、その内容は大違い。前走での「着順」がいい馬よりも、前走で「人気」になっていた馬のほうが、明らかに成績がいいのである。つまり、前走で人気に応えられなかった馬でも、巻き返せる条件だということ。前走の4着で、今回一気に人気を落としそうなフロンティアは、かなり面白い。

【馬場&血統総論】


・現在の馬場
 Aコース継続。フラットな馬場バイアスだが、内外は内のほうがベター。

・天候予測
 土曜日に少し降雨がありそうだが、日曜日には回復。良馬場前提の予想で。

・注目血統
 ディープインパクト産駒◎、ハービンジャー産駒○、アドマイヤムーン産駒▲

 先週と同様に今週もAコースでの開催。土曜日は先行勢がよく残っていたが、日曜日は差し馬のほうが優勢だった印象である。馬場に関してはおおむねフラットだと思うが、阪神芝1600m外というコース自体は差し優勢で、さらに参考レースは先行勢優勢なのだから判断が難しい。開き直って、「枠番も脚質も不問!」と捉えてしまうのもアリか。

 血統面は、ディープインパクト産駒、ハービンジャー産駒、アドマイヤムーン産駒をプラス評価。新種牡馬であるロードカナロアや、タワーオブロンドンの父レイヴンズパスなどの産駒については、判断が難しい。これらが意外に高いコース適性を秘めている可能性もあるので、血統を理由に評価を上げすぎないように注意したい。

★出走登録馬・総論×各論

 18頭の登録があった今年の朝日杯FSだが、ナムラアッパレとニシノベースマンが回避する見込みで、最高でも16頭立てになりそう。netkeiba.comでの予想オッズは、現在のところダノンプレミアムが2.2倍で1番人気。以下、タワーオブロンドン、ステルヴィオ、ダノンスマッシュと続いている。

 そして、当データ分析のトップ評価もダノンプレミアム。デビュー戦もメチャクチャ強かったが、前走のサウジアラビアRCで見せたパフォーマンスの高さも瞠目に値する。スッといいポジションを取れるセンスの良さと、その位置でしっかり折り合い最後も伸びるという完成度の高さは大きな魅力。ディープインパクト産駒であるのも強みだ。

 二番手評価にタワーオブロンドン。この馬には、冒頭の「特注データ」対象という大きなプラス材料と、前走が芝1400mの京王杯2歳Sであるというマイナス材料の両方がある。また、鞍上のルメール騎手がスプリンターであると明言しており、馬体のカタチも短距離向き。能力の高さは折り紙付きだが、過信できない面もあるとみて、この評価となった。

 三番手評価にファストアプローチ。こちらも数少ない「特注データ」該当馬だが、芝マイル戦の経験がないのは、やはり気がかりだ。とはいえ、距離短縮組であるのはプラスに評価できる点で、先行して粘れる持久力もありそうなタイプ。前走から大きく人気を落としそうなここは、妙味の面からも食指が動く。

 四番手評価にフロンティア。デイリー杯2歳Sでは人気を裏切ったが、久々だったことや道中で展開に恵まれなかった点などを考えると、巻き返してくる余地は十分あるはず。ダイワメジャー産駒らしい前々でしぶとさを発揮するタイプで、前走を叩かれての上積みはかなり大きい。人気薄でも侮れない1頭といえるだろう。

 以下はステルヴィオ、ケイアイノーテック、ダブルシャープ、ダノンスマッシュ、カシアスという評価の序列。枠番による有利・不利が小さいコースなので、最終的な評価もここから大きくは変わらないはずだ。波乱傾向は強いが、今年に関しては順当に決着する可能性のほうが高い──というのが現時点のジャッジ。ダノンプレミアムからどう買って儲けるかという、買い方が問われそうである。


■総論×各論・先週の馬券回顧




阪神11レース 阪神ジュベナイルF(G1)
1着 11ラッキーライラック
2着 07リリーノーブル
3着 04マウレア

単勝410円的中!

単勝が当たると気持ちいいヨネ(*^ω^)♪

このデータ分析だけでなく、週末の「No.1予想」でも◎ラッキーライラック、○リリーノーブルで綺麗に的中。あまりにもハズレ続けてきたので、この程度の配当でもメチャクチャうれしかったりする(小市民)。当欄に関しては、単複だけで勝負ってのもアリなのかもなー。

※コース&血統データは2012年以降、レースデータは2007年以降が集計対象です。
※枠番値は、当該枠番における「平均人気-平均着順」を表すもの。プラスの数字が大きければ大きいほど、人気よりも上の着順に来ていることになります。

【予想】小林誠の勝負予想は『ウマい馬券』でチェック!

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

競馬業界よろず請負人。1974年三重県生まれ。これまで裏方的な仕事に数多く関わってきたが、さすがに限界を感じて、最近は表舞台への進出を画策中。ライターとして『サラブレ』『UMAJIN』などに寄稿するほか、須田鷹雄監修の『POGの達人』には編集デスクとして参加。2005年に前半3ハロンタイムに特化した予想メソッドを発表し、それを用いた予想をnetkeibaにて公開している。コーヒー党、無類の猫好き。

No.1予想にて関西全レース予想提供中!

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング