スマートフォン版へ

【朝日杯FS】1番人気でも揺るがない川田将雅騎手の積極性「先々のことを考え、しっかりとトライしながら勝たせた」

  • 2017年12月21日(木) 18時01分
哲三の眼

▲馬に対する厳しさと優しさが垣間見えた朝日杯FSをピックアップ (c)netkeiba.com


今週は朝日杯FS(GI)から川田将雅騎手のファインプレーをピックアップ。3馬身半差の圧勝劇で一躍クラシック筆頭となった馬自身のポテンシャル以外にも、コミュニケーションを密に取りながら行った返し馬、そして馬を尊重しながら理想的なポジションに付けた技術など、川田騎手の馬に対する厳しさと優しさが凝縮されたこのレースを解説します。(構成:赤見千尋)

経験の浅い2歳馬に「競馬前の段階からたくさんの気遣いがあった」


 今週振り返るのは、朝日杯FSのダノンプレミアム&川田(将雅)君です。前走でスピードのあるところを見せてくれたので、1枠1番を引いて、スタートを出てからすぐに抑えるといった形では折り合いをつけて欲しくないなと思いながら見ていたのですが、好スタートからポジションを取りに行く競馬をしていました。

 折り合いを気にする中でも、そこに重きを置きすぎずにポジションを取りに行っていましたね。そこから、コーナーに入ったら減速するんだよ、折り合うんだよ、ということを教えてあげたいのかなという感じで、結果的にそこも上手くいったんじゃないかと思います。

■12月17日(日)朝日杯FS(1番:ダノンプレミアム)

 コーナーに入る前にちょっと掛かりそうなのかなという風に見えるかもしれませんが、掛かるのとはまた違って、スピードがある馬、飛びの大きい馬という特徴を踏まえ、その馬の完歩に合わせてしっかり押さえを利かせていました。おそらく、川田君としては持っていかれるという感じではなかったと思うし、落ち着いて対処できる範囲内だったと思います。

 今回の舞台である阪神1600mは、クラシックの舞台と比べてコーナーまでの距離が若干短い気がするんです。ここで折り合えたということは

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1970年9月14日生まれ。1989年に騎手デビューを果たし、以降はJRA・地方問わずに活躍。2014年に引退し、競馬解説者に転身。通算勝利数は954勝、うちGI勝利は11勝(ともに地方含む)。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング