スマートフォン版へ

やっぱり今年も…? 平均値上位だけでは獲れない特殊な法則性/有馬記念

  • 2017年12月25日(月) 12時00分

撮影:下野雄規



 有馬終了――。今年も終わりですね。…と例年ならいうところですが、今年はまだ開催1日残し。新GIが待っています。もうひと頑張りしないといけません。

 さて。有馬記念はなんとか3連単は的中。とはいっても今週はほかのレース結果が悪くてお話になりません。なぜこの最後にきて多くのレースで平均値上位馬が機能しなかったのかはナゾですが、まあそれは年末に調べておくことにしましょう。調教リズムが狂う28日の開催も荒れそうな気がしています。

 その有馬は昨年の【教訓】が効きました。結果、平均値1位◎シュヴァルグランが3着、平均値2位○キタサンブラックが1着。そして平均値で下位の△クイーンズリングが2着。「平均値順通りに印を打っていては獲れない」が正解を導いてくれたわけです。

【検証ナンバー113】
サンプルレース名/2017年12月24日(日)中山11R・有馬記念(GI)芝2500m

【レース前状況】
 キタサンブラック引退レース。クリスマスイブの中山競馬場には10万人を超えるファンが集まった。もちろん1番人気はキタサンブラック(武豊)。単勝オッズは2倍を切った1.9倍に。公開抽選で2番枠という絶好の枠も引いた。2番人気は3歳馬スワーヴリチャード(Mデムーロ)。3番人気は前走JCでキタサンを負かしたシュヴァルグラン(ボウマン)。以下人気はサトノクラウン(ムーア)、ミッキークイーン(浜中)、ヤマカツエース(池添)、シャケトラ(福永)

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

No.1予想家の大石川大二郎が、前週の荒れたレースを「どうすれば取れたか」という視点で徹底分析。さっそく今週のレースから使える教訓を伝授、「未来の馬券力」を上げちゃうコラムです!!

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング